Show Menu
トピック×

Value legends

バリューの凡例には、定義済みのバリューイベントが表示されます。
バリューの凡例は、HBX アプリケーションと Site アプリケーションでのみ設定できますが、他のアプリケーション用に設定することはできます。詳しくは、Adobe Consulting Services にお問い合わせください。
HBX および Site では、ビジネスバリューが生成されたセッションとしてバリューイベントが定義されます。例えば、特定のページビュー(「ご注文ありがとうございます」ページや申し込み完了ページなど)に関連付けられたイベントデータレコードは、企業にとってバリューイベントを表す場合があります。
バリューイベントを使用して、Web サイトで生成されたバリューの量を測定し、追跡できます。各イベントについてビジネスバリューを金額で評価し、次のような質問に答えられます。
  • Web サイトの中で最も利益のあるパスはどれですか?
  • 最も多くのバリューが生成されたリファラーまたはキャンペーンは何ですか?
凡例には、イベントごとに、イベントの単価(イベントあたりのバリュー)と、イベントによって生成されたバリューの総額が表示されます。この凡例を使用して、バリューイベントの定義や変更および単価の割り当てを行います。
次の表に、バリューイベントに関連する指標を示します。
指標
説明
コンバージョン
ビジネスバリューが生成されたセッションの割合
Value
生成されたビジネスバリューの総額
AverageValue
生成されたビジネスバリューのセッションあたりの平均金額
訪問者が Web サイトで行うことなら何でも簡単にバリューイベントとして定義できます。例えば、顧客サービスリクエストの送信、申し込みの完了、コンテンツの表示、購入の完了などがあります。各バリューイベントは、Web サイト上の特定のページまたはページのセットにアクセスするユーザーに対応し、金額でビジネスバリューに関連付けられます。例えば、「お買い上げありがとうございます」ページに到達するユーザーごとに、平均 20 ドルの貢献利益が生成されるとします。その場合、そのページに対して、20 ドルのビジネスバリューがあるバリューイベントを定義します。

新しいバリューイベントの定義

HBX またはSite ​で新しいバリューイベントを定義するには
バリューイベントを作成する場合、バリューを表す Web サイトのページをビジュアライゼーションからバリューの凡例にドラッグします。
  1. バリューの凡例を開きます。
  2. プロセスマップ、URI ページテーブルまたはページ階層ビューから凡例にバリューイベントを追加します。
    • プロセスマップからの場合、ノードをプロセスマップから凡例にドラッグします。
    • URI ページテーブルからの場合、Ctrl + Alt キーを押して、ページをテーブルから凡例にドラッグします。
    • ページ階層ビューからの場合、ノード(フォルダー、ページまたはグループ)の左をクリックして、凡例の上までドラッグします。
    マウスが凡例に移動するまで、マウスポインターには「No」という文字が表示されます。
  3. バリューの凡例で、イベントが発生するセッションごとにビジネスバリューを割り当てます。
    1. In the Value per Event column, click the cell that corresponds to the page you have added as a value event.
    2. そのイベントのバリューに割り当てる金額を入力して、Enter キーを押します。
    デフォルトでは、バリューイベントとして定義したページの URL がバリューの凡例に表示されます。必要に応じて、凡例内のこの URL をダブルクリックして編集モードに入り、イベントの名前を変更できます。また、いつでも特定のイベントの値を編集できます。Data Workbenchサーバーでは、平均値やコンバージョンなどの値イベントベースの指標が自動的に再計算されます。
少なくとも 1 つのバリューイベントを定義すると、Value Segment ディメンションが使用できるようになります。このディメンションは、訪問者がすべてのセッションで生成した総額を表します。

バリューイベントの削除

  • Right-click the desired event and click Delete Event .
Data Workbenchサーバーは、使用しているプロファイルからアクセス可能なデータのセット全体にわたって指標を計算します。 By default, the Data Workbench Server calculates such metrics as Value, Value Events, Average Value, and Conversion across all data in the analysis dataset, even if the data is not from the same logical source.

Microsoft Excelにエクスポート

ウィンドウの書き出しの詳細については、「ウィンドウデータの書き 出し」を参照してくださ い。