Show Menu
トピック×

Path browsers

パスブラウザーを使用すると、特定のディメンションの要素にアクセスしたシーケンスを分析できます。
ディメンションの要素を空白のパスブラウザーのビジュアライゼーションにドラッグアンドドロップして、パスブラウザーを作成します。パスブラウザー上にドラッグアンドドロップした要素が、パスブラウザーのルートになります。パスブラウザーにはルートを通るパスが表示され、ルートの前または後にアクセスした要素のシーケンスを確認できます。
次のパスブラウザーには、視聴者がこのパスブラウザーのルートである映画『 The Aviator 』を評価する前および後に評価した映画のシーケンスが表示されています。各映画名は Movie ディメンションの要素で、映画の名前とその映画に対する視聴者の評価を含む映画データで構成されたデータセットで定義されています。
パスブラウザーを作成して、データセット内の任意のディメンションの要素にアクセスしたシーケンスを表示できます。例えば、Web サイトデータを扱っている場合、ルートを表示したセッションごとまたはルートを表示したサイト訪問者ごとに、ルートの前および後にアクセスした Web サイトのページのシーケンスを表示するパスブラウザーを作成できます。
すべてのパスブラウザーには、ベースディメンション、グループディメンション、レベルディメンション、指標が関連付けられ、パスブラウザーに表示されるデータを解釈する鍵となります。
  • ベースディメンション: ​ルート要素をパスブラウザーにドラッグアンドドロップすると、ベースディメンションの要素をドラッグアンドドロップすることになります。パスに表示されるその他すべての要素は、ベースディメンションの要素です。別のディメンションの要素をパスブラウザーにドラッグアンドドロップして、ベースディメンションを変更できます。
  • レベルディメンション: ​データセット内のすべてのディメンションには、レベルディメンションが関連付けられています(親とも呼ばれます)。パスブラウザーのレベルディメンションは、パスブラウザーのベースディメンションのレベルディメンション(すなわち親)と同じでなければなりません。パスブラウザーのレベルディメンションが重要なのは、以下の 2 つの理由によります。
    • 1 つのベースディメンションの要素から次の要素へとパスをたどると、1 つのレベルディメンションの要素から次の要素へと移動することになります。例えば、Web サイトのページを表示するパスブラウザーを作成したとしましょう。各ページは Page ディメンションの要素で、Page のレベルディメンションは Page View です。1 つのページから次のページへと移動すると、1 つのページビューから次のページビューへと移動することになります。
    • パスブラウザー内でベースディメンション要素のパスを選択すると、レベルディメンションの対応する要素のデータを選択することになります。選択範囲にはルートに関連付けられたレベルディメンションの要素が必ず含まれており、パスに要素を追加することによって絞り込みます。例えば、ルート > A > B のようなページのパスを選択すると、次のページが A でその次のページが B であるルートに関連付けられたページビューのデータを選択することになります。
      パスブラウザー内でのパスの選択については、「 パスの選択 . 選択範囲について詳しくは、ビジュアライゼーシ ョンでの選択を参照してくださ い。
    パスブラウザーは、ベースディメンション要素が関連付けられていないレベルディメンションの要素を無視します。 プロセスマップからパスブラウザーを作成する場合、このような状況が発生する可能性があります。「 パスブラウザーの作成 .
  • グループディメンション: ​グループディメンションは、レベルディメンションの要素をグループ化してパスブラウザーのパスを形成する方法を決定します。特に、パスブラウザー内の単一のパスに関連付けられたレベルディメンション要素は、グループディメンションの複数の要素にまたがることはできません。
    このことを理解するために、Web データを使用する例を考えてみましょう。パスブラウザーのベースディメンションが Page、レベルディメンションが Page View、グループディメンションが Session であるとします。パスブラウザー内のあるパスは、A > B > C というページシーケンスを示しています。グループディメンション(Session)は、単一のセッション中に発生したページシーケンス A > B > C に関連付けられたページビュー(Page View ディメンションの要素)を示します。ページシーケンス A > B > C のページビューに、複数のセッションが含まれる可能性に気づくことが重要です。したがって、ページシーケンス A > B > C を示すパスは、そのシーケンスが発生したページビュー内の個々のセッションをすべて表します。
  • 指標 :特定の要素につながるパスの太さは、その要素の指標の値に比例しています。太いパスは、細いパスよりも指標の値が大きいことを示します。
パスブラウザーの左上隅にあるラベルは、ビジュアライゼーション内に表示されるベースディメンションとグループディメンションの名前を示しています。レベルディメンションの名前は、パスブラウザーのビジュアライゼーションに表示されません。ラベルは、「Sequence of base dimension name +s for each group dimension name 」という形式になります。 例えば、ラベル「Sequence of Movies for each User」からは、ベースディメンションが Movie で、グループディメンションが User であることがわかります。
パスブラウザー内の任意の要素を右クリックすると、パスブラウザーに関連付けられている指標の名前と、その要素に対する指標の値が表示されます。
パスブラウザーのデフォルトのディメンションと指標を変更できます。 パスブラウザーのビジュアライゼーションを設定する手順については、「パスブラウザーの 設定」を参照してくださ い。