Show Menu
トピック×

Analyticsレポート

分析レポートは、Adobe SC プロファイルのユーザーのために用意されています。Data Workbench のレポート(ページビュー数、トラフィック、実訪問者数、参照ドメインなどの重要なレポートタイプ)は、Adobe Analytics の標準レポートです。
Adobe Analytics のユーザーは、これらのテンプレートにより、(SC/Insight のデータフィードを使用する)Adobe SC プロファイルを利用して、Adobe Marketing Reports & Analytics 機能に似たテンプレートを使用して Data Workbench から生成されたレポートを表示できます。ユーザーは、Data Workbench のテンプレートを使用して、事前に設定されたこれらのレポートにアクセスできます。
このメニューは、Adobe SCプロファイルを実装したユーザーに対してのみ表示されます。
レポートを開くには
On the worktop, right-click and select New to view and open report templates.
分析レポートのリストは、次のとおりです。
レポート
説明
指定された期間(時間、日、週、月、四半期、年)に Web サイトのページが閲覧された回数を表示するトレンドレポートです。このレポートでは、サイトの各ページのページビュー数と、サイト全体のページビュー合計数を追跡できます。
主要指標レポートでは指標を比較し、同じ傾向があるかどうかを確認できます。例えば、ページビュー回数の増加につれて訪問者数も増加しているかどうかを確認できます。
サイトにアクセスした個別訪問者の数を示します。各訪問者は、Web サイトの訪問回数に関係なく 1 回だけカウントされます。
トラフィックの多い順にページを一覧表示します。ページの量的データに関するものであれば、必要な指標を追加することでこのレポートを使ってその情報を得ることができます。
トラフィックレポートは、訪問者の Web サイトとの関わり方に関する深い洞察を提供します。
顧客行動の包括的、正確、詳細な分析結果を提供します。キャンペーン管理、販売サイクル、顧客フォールアウト、顧客コンバージョンなどの指標を使用すると、電子商取引、販売元、宣伝効果、顧客忠誠度、その他いろいろな項目についての評価が可能になります。
広告活動の効果についての情報が表示されます。どのような広告活動が最も多くのトラフィックを獲得したか、どの従業員がその活動を担当したかを調べることができます。
売上高やチェックアウト数など各種コンバージョン指標に対する個々の商品や商品グループ(カテゴリ)の貢献を明らかにできます。
サイトの成功指標に最も貢献した顧客を誘導したドメインを示します。リファラーは大きく「ドメイン」と「URL」というカテゴリに分けられます。ドメインは、ドメイン名のことであり、検索文字列や添付のサブディレクトリのない基本ドメインとして表示します。URL には基本ドメイン名と、クエリ文字列またはサブディレクトリが含まれます。
検索キーワードの分類を表示します。