Show Menu
トピック×

Adobe Targetへの書き出し

詳細テーブルから TargetBulkUpload.exe ファイルを使用して、Data Workbench を Adobe Target へエクスポートします。
Data Workbenchでは、ファイルを書き出して、統合されたAdobe Experience Cloudの一部としてAdobe Targetと統合できます。
TargetBulkUpload ファイルは、サーバーインストールファイルにある Server\Scripts フォルダーにあります。実行可能ファイルには再試行ロジックおよびパフォーマンスを最適化する追加ロジックがあります。
アップロードスクリプ TargetBulkUpload.cfg トを実行する前に、フ ァイルを変更し、Server /Admin/Exportフォルダーに移動できます。 例えば、「最大タイムアウト間隔」を720分(デフォルト)に設定して、指定した期間が経過した後にアップロードをタイムアウトにすることができます。
動作の仕組み
データがTargetに正常に送信された後、アップロードのステータスは継続的に監視されます。 アップロードが成功すると、成功メッセージが記録されます。 アップロードが失敗した場合や保留中の場合は、監視が続行されます。 ファイル内でタイムアウトの間隔を設定で TargetBulkUpload.cfg きます。 アップロードがTargetで停止した場合は、メッセージがログに記録され、ステータスを監視できます。
トリガーされたエクスポートのトレースには、次の2つのログファイルが生成されま /server/Trace/す。
  • targetbulkuploadexportname.log
  • targetbulkuploadexportname.log.completed
ファイ targetbulkuploadexportname.log ルには、複数のバッチのすべてのレコード、対象となるエッジサーバー、およびステータス(成功、失敗、プロファイルが見つからない、ステータスが不明、停止)の詳細なステータスが含まれます。 バッチがスタックしていることが検出された場合、そのバッチは処理されません。 スタックバッチURLを使用して、ステータスを追跡できます。 ファイルの次のデータ例を参照してく targetbulkuploadexportname.log.completed ださい。
1205057 total rows 
568740 successful 
62 failed 
28964 profile not found 
112169 unknown status 
492339 stuck status

stuckステータス値は、アップロードが成功したか失敗したかに関係なく、スタックバッチの合計サイズで増加します。 また、合計行数の値も、同じ数のスタックバッチサイズだけ増分されます。
Previously, DWB data was exported using the ExportIntegration.exe. 現在は、MMP、CRS および S/FTP エクスポートのみがこの実行可能ファイルで使用されています。Adobe Target integration now uses the TargetBulkUpload.exe in Data Workbench.