Show Menu
トピック×

待ち時間テーブルの設定

待ち時間テーブルは、待ち時間ディメンションを含むテーブルです。待ち時間ディメンションは一種の派生ディメンションで、特定のイベントの発生から経過した時間を測定します。
You define the event for measuring latency by making selections within one or more visualizations and setting those selections as the event using the Set Event menu option within the latency table. For instructions to create and reuse latency tables, see Latency Tables .
デフォルトでは、待ち時間テーブルには、イベントの前または後 7 日間に発生した訪問者のセッション数に関する情報が表示されます。以下の節の説明を参照して、様々な可算ディメンションと時間ディメンションに関する情報を表示するように、待ち時間テーブルを設定できます。