Show Menu
トピック×

開く機能の設定

「開く」機能を使用すると、ドキュメントや URI などの項目をテキストエディターや Web ブラウザーなどの外部アプリケーションで開けます。
「開く」機能は、現在 Site アプリケーションで、URI を開くためにのみ設定されています。この節では、Site 用の「URI を開く」機能の設定について説明します。別のアプリケーション用または他の項目を開くための「開く」機能の設定については、Adobe Consulting Services にお問い合わせください。
Site では、ページオーバーレイまたはテーブルから URI を右クリックすると、フォーマット対象のアプリケーションでその URI が表示されます。例えば、URI テーブルのビジュアライゼーションから URI をクリックすると、Web ブラウザーに Web ページが表示されます。
To open a URI from a visualization, you first must edit the Open URI.cfg file for the URI dimension to identify the location and naming conventions that Data Workbench uses to open the URI. URIをネイティブ形式(HTMLなど)で表示するには、Data Workbenchが参照先の場所と、その項目を開くのに必要なアプリケーションにアクセスできる必要があります。 例えば、Webページを表示するには、Data Workbenchがインターネットにアクセスでき、Webブラウザーがインストールされている必要があります。
Open URI.vw を編集するには
  1. In the Profile Manager, click Context > Dimension Element > URI .
  2. In the URI folder, right-click the check mark next to the Open URI.vwfile and click Make Local . このファイル用のチェックマークが User 列に表示されます。
  3. 新しく作成されたチェックマークを右クリックし、ファイルがファ Open イルの場合は/を、ファイルの場合は//をクリックします。ファイルの場合は//(ファイルの場合は/)をクリックします。/(ファイルの場合は/)をクリ in Insight ックし .cfg Open in Notepad .vw てください。
  4. Click Command , then Parameters to view the contents of the file.
  5. 必要に応じて、Site パラメーターと Template パラメーターを変更します。
パラメーター 入力する情報
Site
開く URI の場所。
例:mysite.com
テンプレート
Data WorkbenchがURIを検索して開くために使用する必要があるパラメーター。
例: http://%Site%%URI%
The default template shown in the example tells Data Workbench to open a web browser, look for the location defined in the Site parameter, then locate the URI dimension element you are attempting to open.
  1. ファイルを保存します。
  2. To make this change available to all users of the working profile, right-click the check mark for the .vw file in the User column and click Save to > working profile name .