Show Menu
トピック×

Input Method Editor のインストール

data workbench は、多言語による入力をサポートするため、Input Method Editor(IME)を利用可能です。
IME を使用すると、地域の言語に適した様々な方法を用いて国際文字を入力できます。Data Workbench に用意されている入力ダイアログボックスを開くと、テキストフィールドで目的の IME を使用できます。
Data Workbench 6.1リリースでは、簡体字中国語の仮想キーボードのみがサポートされます。 この IME で他の言語を入力すると、予期せぬ動作が生じる可能性があります。

IME の使用

フローティング IME テキスト入力機能を使用するには:
  1. Click Alt + Space for any text input area.
  2. システムの IME を使用して値を入力します。
  3. Enter キーを押すか、「 OK 」ボタンをクリックして、入力ダイアログを閉じます。
    ダイアログが消え、選択したフィールドに文字が表示されます。
Insight.cfg ファイルの更新
IME を利用するには、Insight.cfg ファイルを次の設定で更新する必要があります。
Localized IME = bool: true

設定ファイル内にこの設定が存在しない場合は、 Alt + Space キーを押しても IME 機能が起動しません。
別の言語で Insight を起動する: ​スプラッシュスクリーンのようにローカライズされたアセットをサポートしたり、将来的に複数の言語をサポートしたりするには、Data Workbench では、ロードする言語を指定するコマンドライン引数が必要です。デフォルトの言語は英語です。
Data Workbench を中国語で起動するには、「-zh-cn」引数を指定して Insight.exe を起動する必要があります。
Insight.exe -zh-cn

(これらのコマンドライン引数は大文字と小文字を区別しません。)