Show Menu
トピック×

Configure the Dataset Schema Interface

デフォルトのビジュアライゼーションを変更する手順です。
You can control which type of visualization displays when you click a dimension name in a Dataset Schema Interface by adding files to the Profiles*profile name*\Context\Dimension Legend folder of the Data Workbench server installation folder. このフォルダーにある Default.1d ファイルによって、すべてのディメンションのデフォルトのビジュアライゼーションのタイプが制御されます。このフォルダーに「 ディメンション名 . ファイル」(Hour.1d.1d など)を追加して、その特定のディメンションのデフォルトのビジュアライゼーションを制御できます。
詳しくは、「データセットスキ Dataset Schema Interfacesーマインタ ーフェイス」を参照してくださ い。
デフォルトのビジュアライゼーションを変更するには
  1. 任意のワークスペースで、新しいデフォルトのビジュアライゼーションに表示するデータを含むビジュアライゼーションを作成します。
    例えば、横向き棒グラフでディメンションを表示する場合は、目的の指標およびディメンションを表示する横向き棒グラフのビジュアライゼーションを作成します。
  2. Right-click the top border of the callout window and click Save .
  3. In the Save window, click , double-click Context , then double-click Dimension Legend .
  4. In the File Name field, type the dimension name.
    The name of the .1d file must match the name of the dimension exactly. 例:Hour.1d。
  5. Change the file extension to “1d” and click Save .
    ファイルはUser*working profile name*\Context\Dimension Legend folderに保存されます。
    The next time that you click that dimension from in a Dataset Schema Interface, the visualization that you specified displays.
  6. (オプション)この変更を作業プロファイルのすべてのユーザーが利用できるようにするには、次のようにします。
    1. で、をクリ Profile Managerックし、を Context ​クリックしま Dimension Legend ​す。
    2. Right-click the check mark next to the file name of the new callout in the User column and click Save to > < working profile name > .