Show Menu
トピック×

Quick reference

Data Workbenchクライアントのユーザーインターフェイスアクションとショートカットキーの一覧を表示します。
キーボードショートカット 」も参照してください。

Actions for the Data Workbench client

クライアントユーザーインターフェイス内で作業を実行する時に、以下のアクションを使用します。
アクション
結果
ズーム後に
項目を選択
クリックしながらドラッグ
範囲を選択
Ctrl キーを押しながら選択
選択範囲に追加
Shift キーを押しながら選択
選択範囲から削除
アクション 結果
ワークスペースの左上隅にあるData Workbenchのロゴをクリックします
変更を保存
Ctrl + Delete 変更を保存せずに閉じる
アクション
結果
クリックしながらドラッグ
グラフィックを移動
右クリックしながらドラッグ
グラフィックを回転
マウスボタンを両方クリックしながらドラッグ
グラフィックにズームイン
アクション
結果
クリックしながらドラッグ
ページ階層に追加
Ctrl + Alt キーを押してクリックしながらドラッグ
棒グラフにページを追加
Ctrl + Alt キーを押してクリックしながらドラッグ
ページテーブルに追加
アクション
結果
ズーム後に
項目を選択
クリックしながらドラッグ
テキストの範囲を選択
Ctrl キーを押しながら選択
選択範囲にテキストを追加
Shift キーを押しながら選択
選択範囲からテキストを削除

Keyboard shortcuts for the Data Workbench client

ワークスペースと設定ファイルには以下のショートカットキーを使用します。
アクション 結果
Ctrl + N
新しいワークスペースを開きます。
1 つのタイプの空白のワークスペースしか作成できないよう制限されている場合は、新しいワークスペースが即座に開きます。
実装に基づいて、複数のタイプのワークスペースを開く権限がある場合は、Ctrl + N キーを押すと、作成するワークスペースのタイプを選択できるメニューが表示されます。
Ctrl + O ワークスペースをインポート
アクション
結果
Ctrl + X
テキストを切り取り
Ctrl + Z
前に入力した文字に対してアクションを取り消し
Ctrl + Shift + Z
入力した文字に対してアクションをやり直し
Ctrl + A
すべて選択
コマンド クイックキー 組み合わせられるメニューコマンド
フルスクリーンビュー 。ワークスペースが画面を埋め、新しいサイズに再適合されます。 Ctrl プラス(+)
Ctrl + +(キーパッド)
または
Ctrl + Shift + +(キーボード)
  • ファイル/ページサイズ/画面にフィット
    を選択し、次に以下を選択
  • ファイル/ワークスペースを再適合
ウィンドウビュー 。ワークスペースが標準のウィンドウビューで表示され、新しいサイズに再適合されます。 Ctrl マイナス(-)
Ctrl + -
  • ファイル/ページサイズ/標準
    を選択し、次に以下を選択
  • ファイル/ワークスペースを再適合
アクション
結果
Ctrl + P
ワークスペースを印刷します。
Ctrl + W
保存せずにワークスペースを閉じます。
Ctrl + S
ワークスペースを保存します。
Ctrl + O
ビジュアライゼーションファイルを開きます。ワークスペースメニューから追加/開くを選択するのと同じです。
Ctrl + E
設定ファイル(デフォルト)または他のファイルを開きます。ワークスペースメニューから追加/編集を選択するのと同じです。他のファイルを開くには「すべて」を選択します。
よく使用されるファイルメニュー
ワークスペースから​ 追加/開く ​をクリックして、最近開いたファイル(直近 10 ファイルが保存されています)または新しいメニューに「固定」したファイルを開きます。メニューから、リスト内のピンアイコンをクリックして、ビジュアライゼーションを保存することができます。
アクション 結果
ノードを右クリックして「 貼り付け 」をクリック
ノードを .cfg ファイルに貼り付け
ベクトルを右クリックして「 子として貼り付け 」をクリック ベクトルを .cfg ファイルにベクトルレベルで貼り付け