Show Menu
トピック×

用語集

ダッシュボードを含む、Adobe Data Workbenchの最も一般的に使用される用語と機能。

プロファイル

プロファイルは、データセットを定義します。 プロファイルには、特定の主題に関するデータと、そのデータをユーザーにわかりやすい分析コンポーネントに分類するデータが含まれます。 プロファイルは、Adobe Data Workbench内で作成および管理され、ダッシュボードアプリケーションからアクセスできるようになります。 通常、プロファイルは、特定の目的(マーケティングやWebサイトトラフィックの分析など)を満たすように設計され、ディメンション、指標、フィルターと呼ばれる一連の分析コンポーネントを定義します。

ディメンション

ディメンションは、類似したデータ型のカテゴリです。 例えば、曜日ディメンションは次のデータ要素で構成されます。日曜日、月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日。 具体的には、測定対象の詳細がディメンションに表示されます。 ダッシュボードでは、ディメンションはAdobe Data Workbench内で定義され、ダッシュボードアプリケーションからアクセスできるようになります。 各ディメンションには、ダッシュボードのインターフェイス内で一意の名前が付けられます。

指標

指標は、定量化可能な式で定義される定量オブジェクトです。 例えば、セッションあたりのページビュー数は、ページビュー数をセッション数で割った数から得られます。 指標は「何人?」という質問に答えます。ダッシュボードでは、指標はAdobe Data Workbench内で定義され、ダッシュボードアプリケーションからアクセスできるようになります。 各指標の名前は、ダッシュボードのインターフェイス内で一意になります。

フィルター

フィルターを使用すると、データを特定の方法でセグメント化できます。 フィルターを使用すると、データが結果全体のサブセットに絞り込まれ、多くの場合、データを組み合わせて一意の視点を提供します。 ダッシュボードでは、フィルターは最初にAdobe Data Workbench内で定義され、ダッシュボードアプリケーションからアクセスできるようになります。 各フィルターは、ダッシュボードのインターフェイス内で一意の名前を持ちます。