Show Menu
トピック×

ビジュアライゼーションタイプ

8種類のビジュアライゼーションタイプを導入します。
ビジュアライゼーションを選択する際は、ビジュアライゼーションするディメンションと指標、およびデータを最も効果的にビジュアライゼーションできる方法を慎重に検討することが重要です。 例えば、一部のビジュアライゼーションでは、一度に表示できるデータの量に制限があります。
データの視覚化と分析に使用できるビジュアライゼーションのタイプは、次の8種類です。棒グラフ、棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフ、テーブル、指標の凡例、散布グラフおよびリッチテキスト。