Show Menu
トピック×

ルックアップテーブルへのデータ投入

Categorize 変換または FlatFileLookup 変換を使用した場合、フラットファイル(格納場所は、変換を定義するときに指定)からメモリにルックアップテーブルが読み込まれ、データが投入されます。
指定するフラットファイルは、以下の要件を満たしている必要があります。
  • ファイル内の行とルックアップテーブル内の行が一対一で対応している必要があります。
  • ファイル内の列は、ASCII の区切り文字で区切られている必要があります。行終端文字以外で、かつイベントデータ自体に出現していない文字であれば、どのような文字でも使用できます。フラットファイルの列の区切りに使用されている文字は、変換を定義するときに指定します。
ODBCLookup 変換を使用した場合、指定した ODBC データベースのテーブルまたはビューからメモリにルックアップテーブルが読み込まれ、データが投入されます。変換を定義するときは、Data Workbench サーバーがデータベースとの接続を確立する際に必要となるデータソース、ユーザー名、パスワードも指定する必要があります。
ルックアップテーブルは、Data Workbenchサーバーがデータセットの構築を最初に開始したときに読み込まれます。 接続の確立後に、ルックアップファイルに変更を加えないでください。変換段階で使用されるフラットファイルや ODBC テーブルに変更を加えた場合は、データセット全体を再変換する必要があります。ログ処理段階で使用するフラットファイルに変更を加えた場合、新しくデータセットに追加されるレコードにはすべて、新しいルックアップデータが適用されますが、過去にさかのぼって変更が適用されることはありません。