Show Menu
トピック×

Haversine

Haversine(半正矢)式とは、緯度と経度から特定される球体上の 2 点間の大圏距離を導く数式です。
Like the formula, the Haversine transform requires two sets of Latitude and Longitude settings, using these four inputs to calculate the true distance across the Earth between two locations.
この距離は、「In Kilometers」フラグを(false または true に)変更することによってマイルまたはキロメートルで表すことができます。
パラメーター
説明
デフォルト
名前
変換のわかりやすい名前。ここには任意の名前を入力することができます。
Comments
(オプション)変換についてのメモ。
Condition
この変換が適用される条件。
Latitude 1 Field
地点 1 の緯度。
Latitude 2 Field
地点 2 の緯度。
Longitude 1 Field
地点 1 の経度。
Longitude 2 Field
地点 2 の経度。
Output
計算後、ディメンションのエレメントとして指定された地点間の距離が Output フィールドに格納されます。
例えば、店舗の緯度と経度を Lat1 および Lon1 としてコーディングしておけば、IP ルックアップで顧客の緯度と経度を求めることによって、最も多くの顧客が商品を購入する(または来店する)店舗までの距離を調べることができます。
他の場所の距離を識別する場合は、それぞれの場所に、緯度と経度のフィールドのセットが必要です。