Show Menu
トピック×

既存のデータセットインクルードファイルの編集

既存のデータセットインクルードファイルを編集するための手順について説明します。
You open an existing dataset include file using the Profile Manager in data workbench.
For information about opening and working with the Profile Manager, see the Data Workbench User Guide .
  1. While working in your dataset profile, open the Profile Manager and click Dataset to show the contents of the directory.
    • To open a Log Processing Dataset Include file, click Log Processing to show the contents of the directory.
    • To open a Transformation Dataset Include file, click Transformation to show the contents of the directory.
  2. Right-click the check mark next to the desired dataset include file and click Make Local . このファイル用のチェックマークが User 列に表示されます。
  3. 新しく作成されたチェックマークを右クリックし、/をクリ Open ックしま from the workbench ​す。 設定ウィンドウが表示されます。
    You can also open a dataset include file from a Transformation Dependency Maps. 詳しくは、再処理と再 Transformation Dependency Maps変換を 参照してください
  4. 設定ファイルのパラメーターを必要に応じて編集します。パラメー ターの説明については、 Log Processing Dataset Include Files (ログ処理データセットインクルードファイル)または Transformation Dataset Include Files(変換データセットインクルードファイル)を参照してください。
    Data Workbench ウィンドウ内でデータセットインクルードファイルを編集するときは、基本的な編集機能にショートカットキーを使用できます。切り取り(Ctrl + X)、コピー(Ctrl + C)、貼り付け(Ctrl + V)、取り消し(Ctrl + Z)、やり直し(Ctrl + Shift + Z)、セクション選択(クリックしながらドラッグ)、すべて選択(Ctrl + A)などの操作が可能です。In addition, you can use the shortcuts to copy and paste text from one configuration file ( .cfg) to another.
  5. To save your changes, right-click (modified) at the top of the window and click Save .
  6. To make the locally made changes take effect, in the Profile Manager, right-click the check mark for the file in the User column, then click Save to > < profile name > , where profile name is the name of the dataset profile or the inherited profile to which the dataset include file belongs. データセットプロファイルの同期後、データの再処理または再変換が開始されます。
    アドビから提供される内部プロファイルには、変更した設定ファイルを一切保存しないでください。内部プロファイルに対するアップデートをインストールするときに変更内容が上書きされます。