Show Menu
トピック×

再処理または再変換の準備

Data Workbench のユーザーがすぐに作業を再開できるよう、再処理または再変換を円滑に行うための手順を説明します。
  1. Determine the elapsed time of previous processing or transformation by checking the dataset profile's Processing Mode History in the Detailed Status interface.
    1. While working in your dataset profile, open the Detailed Status interface.
    2. ​> Processing Status <> >をク​ dataset profile name ​リックし​ Processing Mode History て、前の処理または変換の経過時間を表示します。
      • Fast Input は、ログ処理の合計所要時間です。
      • Fast Merge は、変換の合計所要時間です。
      • 2 つの時間の合計(Fast Input + Fast Merge)が、データセットの処理に必要な時間の合計となります。
      以下の例では、ログ処理の所要時間は約 43 秒で、変換の所要時間は 2 分未満となっています。
      For more information about the Detailed Status interface, see the Data Workbench User Guide .
  2. 再処理のスケジューリングとプランニングを行います。ログ処理の最中は、Data Workbench のユーザーがデータにアクセスできないので、再処理は適切な時間帯(週末など)にスケジューリングする必要があります。
  3. 再処理と再変換の進行状況を監視します。に関する詳細は、『 Processing Legend. Data Workbenchユーザーガ Processing Legendイド』のフィールドを 参照してください