Show Menu
トピック×

変換機能について

変換機能(Transform)は、ログソースデータを他のアプリケーションで使用できるようエクスポートすることを目的に、Data Workbench サーバーコンピューター上で実行されます。
Transform は、ファイ .vsl ル、ログファイル、XMLファイル、ODBCデータを読み取り、DataWarehouseの読み込みルーチン、監査機関、または他のターゲットで使用できるファイル、テキストフ .vsl ァイル、区切り文字付きテキストファイルとしてデータを書き出すことができます。 データの抽出と変換は、常時実行できるほか、スケジュールに基づいて実行することもできます。
Typically, Transform is configured on a data workbench server FSU. ただし、実際の導入条件によっては、Data Workbench サーバーの DPU に対して設定することが必要になる場合もあります。詳しくは、アドビにお問い合わせください。
Transform のメモリ使用量に関する情報は、「詳細なステータス」インターフェイスで確認できます。詳しくは、『 Data Workbench ユーザーガイド 』の「管理インターフェイス」という章を参照してください。
アドビのアプリケーションからデータを書き出すもうひとつの方法として、セグメント エクスポート機能があります。Transform では、未処理のデータを外部ターゲットにエクスポートできるのに対し、セグメントエクスポート機能では、データセットから処理済みのデータを出力することができ、エクスポートするデータをデータセット内でディメンションとして定義しておく必要があります。セグメントのエクスポートについて詳しくは、『 Data Workbench ユーザーガイド 』を参照してください。