Show Menu
トピック×

Transform Mode.cfg ファイル

設定ファイル Transform Mode.cfg では、データセットに組み入れるデータの処理を一時停止したり、オフラインソースを指定したりすることができます。変換機能を実行する Data Workbench サーバーの状態ファイルが保存される頻度を指定することもできます。
ソースの追加と削除を含め、Transform Mode.cfg ファイルに変更を加えても、データの再処理は行われません。
データセットプロファイルの Transform Mode.cfg ファイルを編集するには
  1. While working in the profile whose data you want to export, open the Profile Manager and click Dataset to show the contents of the directory.
  2. の横のチェックマークを右クリックし、をク Transform Mode.cfg リックしま Make Local ​す。 このファイル用のチェックマークが User 列に表示されます。
  3. 新しく作成されたチェックマークを右クリックし、/をクリ Open ックしま from the workbench ​す。 The Transform Mode.cfg window appears.
  4. 次の表を参考にして、設定ファイルのパラメーターを編集します。
    パラメーター 説明
    Offline Sources
    オフラインログソースのマスク。
    オフラインソースを指定するには:
    • Offline Sources を右クリックし、 新規追加 Source をクリックします。
    • 新しいソースのパラメーターに、ログシーケンスのマスクを入力します。ファイル名が YYYYMMDD-SENSORID.vsl 形式の Sensor ログソースの場合、マスクは SENSORID です。SENSORID の大文字と小文字は区別されます。For log file log sources, the mask is the string extracted by the Mask Pattern (see Log Files ).
    Offline Sources に属しているソースは、追加したり削除したりしても、データセットの再処理は実行されません。
    基準日時の測定は、プロファイルのオンラインソースの処理に対して維持されます。オフラインソースが再びオンラインになると、そのソースから送られてくるログファイルの処理が再開されます。
    注意:ソースがオンラインに戻ったらすぐに、 Offline Sources からそのソースを削除する必要があります。削除しなかった場合、Data Workbench サーバーは、ソースからデータが送信されている限り、そのソースをオンラインソースとして処理し、基準日時を更新します。そのソースが再度オフラインになった場合、基準日時の測定が停止します。
    Paused true または false。true の場合、新しいデータは処理されず、データセットに追加されません。デフォルト値は false です。
    Save Interval (sec)
    変換機能が実行されている Data Workbench サーバーでその状態ファイルが保存される頻度。デフォルト値は 3600 です。
    注意:変更が必要な場合は必ずアドビまでご相談ください。
    Data Workbench ウィンドウ内で Transform Mode.cfg ファイルを編集するときは、基本的な編集機能にショートカットキーを使用できます。切り取り(Ctrl + X)、コピー(Ctrl + C)、貼り付け(Ctrl + V)、取り消し(Ctrl + Z)、やり直し(Ctrl + Shift + Z)、セクション選択(クリックしながらドラッグ)、すべて選択(Ctrl + A)などの操作が可能です。In addition, you can use the shortcuts to copy and paste text from one configuration file ( .cfg) to another.
  5. ウィンドウ上部 (modified) のを右クリックし、をクリックしま Save ​す。
  6. To make the locally made changes take effect, in the Profile Manager, right-click the check mark for the data workbench Transform Mode.cfg in the User column, then click Save to > profile name , where profile name is the name of the profile for which you are exporting data. プロファイルの同期後、データの再処理が開始されます。
    書き出し用のデータの再処理について詳しくは、再処理と再変換 を参照してください