Show Menu
トピック×

サイトでの訪問者の識別方法

Siteの一般的な設定では、Webサイトへの訪問者を一意に識別し、時間の経過と共にその行動を追跡するためにcookieを使用します。
特定のブラウザー(訪問者と見なされる)がWebサイトを初めてリクエストする際、はWebサーバーと連携して永続的なcookieを設定します(デフォルトでは Sensor )。これは、システム内での内部的なcookieとして解釈されま cs(cookie)(v1st)​x-trackingidす。 このcookieは、その訪問者がWebサイトに対して最初に行ったリクエストに対して1回だけ設定されます。 その後、ブラウザーがWebサイトのリクエスト(ページまたは埋め込みオブジェクトのリクエスト)を行うたびに、その訪問者から収集されます。
永続的なcookieを受け入れる場合は、ブラウザーの判断に従います。 永続的なcookieをブロックするように選択した場合、ページビュー要求はログに記録されますが、IPフィールドやUserAgentフィールドでHash変換を使用するなど、訪問者の識別方法を別途実装しない限り、これらの要求の測定データはWebサイト上の特定の訪問者やセッションに相関されません。
サイトの実験は、訪問者の識別方法として永続的なcookieの設定しか使用できないデータセットでのみ Sensor 分析できます。 J2EEサーバー(JBoss、Tomcat、WebLogicおよびWebSphere)上で実行されるセンサーは、制御実験をサポートしていません。
対照実験中に、cookieを受け入れないユーザーは、クリック間で異なるテストグループに配置できます。 これは、で切断セッションフィルターをオフにしてテスト分析を実行する場合にのみ発生し、アドビでは Insight推奨しません。
切断セッションフィルターの詳細については、「 * Insight User Guide* 」を参照してください。
訪問者がテスト中にcookieをクリアした場合、その訪問者には新しいcookieが割り当てられ、場合によっては別のグループに割り当てられる可能性があります。 アドビは訪問者を新しい訪問者と見なすので、テストは無効にされません。