Show Menu
トピック×

動的ポイントを使用した要素ポイントレイヤーの定義

動的ポイントを使用して要素ポイントレイヤーを作成すると、ディメンションの各要素に緯度と経度のデータが埋め込まれます。
動的ポイントを使用して要素ポイントレイヤーを定義するには、以下のものを作成するか、既に利用可能でなければなりません。
  • Transformation.cfg ファイルまたは 変換データセットインクルードファイルで定義され、各要素に「latitude,longitude」または「latitude,longitude,name」という文字列が含まれているディメンション。
    ディメンションを作成する手順については、『 データセット設定ガイド 』を参照してください。
  • 関連ディメンションを指定するレイヤーファイル。
    レイヤーファイルに必要な形式について詳しくは、「 要素ポイントレイヤーファイルの形式 」を参照してください。
When using Dynamic Points, it is essential to ensure that the cardinality of the dimension specified in the layer file is reasonable. データセットの行ごとに緯度と経度が異なる場合、ディメンションはすぐにいっぱいになり、大部分の行は小さい要素に分類されます。小さい要素は緯度と経度を持たないので、グローブ上に表示されません。

要素ポイントレイヤーファイルの形式

動的ポイントを使用する各要素ポイントレイヤーファイルは、以下のテンプレートを使用してフォーマットする必要があります。
Layer = ElementPointLayer:
  Dimension = ref: wdata/model/dim/Dimension Name
  Metric = ref: wdata/model/metric/Metric Name
  Dynamic Points = bool: true
  Scale = double: Scale
  Color = v3d: RGB Color Vector
  Rendering Mode = int: Mode Number

パラメーター 説明
Dimension
ディメンションの名前(変換設定ファイルで定義)。以下の例に示すように、「latitude,longitude」または「latitude,longitude,name」という文字列を持つ要素を含める必要があります。
  • 37.5181,-77.1903
  • 35.3317,-77.8126,Somewhere
Metric Dimension パラメーターで指定されたディメンションに対して評価される指標の名前。
Dynamic Points 動的ポイントを有効にします。true に設定します。
Scale (オプション)レイヤー内のポイントのサイズ設定に使用する値です。デフォルト値は 100 です。値が大きいとポイントが大きくなり、値が小さいとポイントが小さくなります。
Color (オプション)RGB カラーベクトルで、(red,green,blue) として表されます。ベクトル内のカラーごとに、0.0 ~ 1.0 の値を入力できます。例えば、(1.0, 0.0, 0.0) は明るい赤で、(0.5, 0.5, 0.5) はグレーです。
Rendering Mode
(オプション)レイヤーに使用するレンダリングモードを表す整数値です。次の 3 つのモードを使用できます。
  • レンダリングモード 1。ポイントのサイズは画面空間内で定義されます(ポイントは、コンピューター画面に相対的に一定のサイズに保たれます)。ポイントはポリゴンを使用して描画されるため、ポイントのサイズに上限はありません。これがデフォルトのレンダリングモードです。
  • レンダリングモード 2。ポイントのサイズは世界空間内で定義されます(ポイントは、グローブに相対的に一定のサイズに保たれます)。ポイントはポリゴンを使用して描画されるため、ポイントのサイズに上限はありません。
  • レンダリングモード 3。ポイントのサイズは、画面空間内で定義されます。ポイントは、OpenGL のスムーズポイントを使用して描画されます。
IP Coordinates.layer ファイルは以下のようにフォーマットされています。
Layer = ElementPointLayer:
  Dimension = ref: wdata/model/dim/Coordinates
  Metric = ref: wdata/model/metric/Visitors
  Dynamic Points = bool: true