Show Menu
トピック×

要素ポイント参照ファイルの形式

要素ポイントレイヤーの列に関する情報です。
要素ポイントレイヤー参照ファイルには、以下の少なくとも 3 つの列を含める必要があります。
  • Key列: ​この列には、Data Workbenchサーバーが参照ファイル内のデータをデータセット内のデータに接続できるようにする、共通のキーデータを含める必要があります。 TheKeycolumn must be the first column in the lookup file. この列の各行は、ディメンションの要素です。
  • Longitude列: ​この列には、列内の各データポイントの経度を含める必要があKeyります。
  • Latitude列: ​この列には、列内の各データポイントの緯度が含まれている必要があKeyります。
  • Name列: (オプション)。 If you want to specify a name to be displayed on the map for each data point, you can include aNamecolumn in the lookup file.
Zip Points.txt 参照ファイルの各行は、先頭列に郵便番号が含まれ、経度、緯度、関連付けられた都市名と続きます。
tude, and associated city name.
ZIP_CODE LATITUDE LONGITUDE NAME
00210 +43.005895 -071.013202 PORTSMOUTH, NH
00211 +43.005895 -071.013202 PORTSMOUTH, NH
...