Show Menu
トピック×

DWB管理サービスの基本的なオンボーディング手順

Adobe Analytics Premium(AAP)のコンポーネントであるAdobe Data Workbench(DWB)のオンボーディングプロセスを開始するには、次の手順に従います。
以下のオンボーディング手順は、コンサルティングサービスを使用せずに、アドビが管理するサービスを使用して単一のレポートスイートでData Workbenchを実装するお客様向けです。 DWBを導入するAAPの新規顧客の場合は、アドビのオンボーディングチームが最初の連絡先となります。 Adobe Analyticsの標準または以前のバージョンのDWBからアップグレードする場合は、アドビカスタマーサクセスマネージャーがお手伝いします。

オンボーディング情報:お客様に必要なもの

アドビから次のお問い合わせがあります。
  • DWBのプライマリユーザーを識別して、そのユーザー専用の証明書をネットワークディレクトリで生成します。 プライマリユーザーは、アドビカスタマーケアとの対話のポイントとしての役割も果たします。
  • DWBに読み込むレポートスイートを指定します。
次に、Adobe Digital Marketingチームは、情報を取得して、DWB用のプロファイルの作成、アカウントの設定、設定ファイルの配信を行います。
Adobe Onboarding Tasks
  • アドビカスタマーケアがDWBライセンスアカウントを作成します。 アドビカスタマーケアがプライマリユーザーのDWB証明書を生成します。
  • アドビカスタマーケアは、プライマリユーザーを「サポート対象ユーザー」と定義します。このユーザーは、サポート対象の通話と問題の解決に対して特定されたユーザーです。
  • アドビカスタマーケアは、ソフトウェアパッケージをDWBライセンスとソフトウェアポータル(SoftDocs/Software and Docs profile)に読み込み、組織にダウンロードします。
  • アドビのTechOpsチームは、DWBの実稼働環境と開発環境と(契約ごとの)プロファイルを準備します。
  • アドビのテクニカルオペレーションチームがデータフィードとプロファイル管理スクリプトを設定します。
  • Adobe TechOpsチームは、DWB設定ファイル(Insight.cfg)を作成し、組織に関連するオンボーディングタスクを担当するAdobe Onboardingチームに送信します。
データフィードをカスタマイズし、資格情報、証明書およびプロファイル設定を生成した後、アドビカスタマーケアは設定ファイルと秘密鍵証明書を送信して次の手順に進みます。

カスタムインストールファイルへのアクセス

DWBワークステーションをクライアントコンピューターにインストールするために、アドビカスタマーケアからこれらのセットアップファイルを受け取ります。
  • カスタムDWB設定ファイル(Insight.cfg)
    クライアントコンピューター上のこの構成ファイルには、管理対象のDWBサーバーへの接続が含まれます。
  • DWBセットアップウィザードをダウンロードするためのライセンスポータルにログインする資格情報と、プライマリユーザの名前を持つ必要な証明書(.pemファイル)。
追加のセットアップファイルのダウンロード
  1. 参照先:license.visualsciences.comを使用して、ライセンス証明書とDWBセットアップウィザードの実行可能ファイルをダウンロードします。
  2. 組織(アカウント名)、プライマリユーザーの名前、アドビカスタマーケアから受け取ったパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。
    この時点で、ブラウザーからデジタル証明書の提示を求められる場合があります。 #をクリックすると、ダイアログボックスが閉じます。
  3. 「ダウンロード」セクションで、Adobe Data Workbench( <PrimaryUser> .pem)のインスタンスに対して発行された証明書を探し、ダウンロードします。
  4. ダウンロードセクションで標準クライアントインストーラを探し、DWBセットアップウィザード(InsightSetup-x.xx.exeファイル)をダウンロードします。
  5. アドビカスタマーケアからファイルを受け取ってダウンロードしたら、DWBセットアップウィザードを実行して、ワークステーションソフトウェアをクライアントコンピューターにインストールします。
DWBセットアップウィザードでは、DWBクライアントワークステーションのインストール手順を説明し、必要なフォルダーに配置するInsight.cfgファイルと <PrimaryUser> .pemファイルの場所を特定します。 Insight.cfgファイルは、インストール済みのクライアントワークステーションのInsight.exeファイルに格納されます。 .pemフ <PrimaryUser> ァイルは、trust_ca_cert.pemファイルと共にCertificatesフォルダーに格納されます。 DWBが機能するには、すべての証明書と設定ファイルが存在する必要があります。

DWBサーバへの接続

管理対象サーバーは、アドビカスタマーケアから受け取るInsight.cfgファイル内で識別され、クライアントワークステーション上に存在します。 アドビのテクニカルオプションがサーバーを設定し、アドビカスタマーケアがこれらの管理対象サーバーへの参照とプロファイルをInsight.cfgファイルに追加してから、送信します。 (DWBセットアップウィザードのドキュメントの手順12の「サーバーへの接続を設定」が完了します)。
DWBクライアントワークステーションのワークステーション設定ワークスペースで、接続されたサーバーとプロファイルを表示できます。
Adobe Managed Services
・アドビのTechOpsは、ネットワーク、データセンター、サーバ、ストレージなどのインフラストラクチャを管理します。 インフラストラクチャの監視とアラートへの対応は、テクニカルオペレーション(TechOps)の対応が必要なアラートに対して24時間365日実施されます。 その他のアラートの場合は、アドビカスタマーケアに連絡して、お客様との連携をお願いします。
・アドビのTechOpsは、管理対象サーバーのメンテナンスとファームウェアの更新を行います。 メンテナンスによってダウンタイムが発生する場合は、少なくとも2週間前に、カスタマーケアからメンテナンスウィンドウ通知を受け取ります。 アドビのテクニカルオペレーションは、早急に早急にニーズに対応します。 通知は緊急性に依存し、スケジュールがわかれば解決されます。
・ Adobe TechOpsは、データを自動的に管理するようにスケジュールされたタスクを設定します。 分析フィードデータは、毎晩21:00レポートスイート時間から開始され、処理および変換のためにDWBに移動されます。
・アドビのテクニカルオペレーションズは、必要に応じて、データのバックアップ、FTPアカウント、データのアーカイブ、データ転送など、他のアドビ管理サービスを処理します。
・ Adobe TechOpsは、リセットして毎月再処理される3か月のローリングデータを含むように、主要な実稼働クラスターを設定します。 参照(Geography、DeviceAtlas、標準分類)の更新も、再処理タスクの一部として行われます。 デフォルトでは、タスクは毎月第1金曜日に実行されます。 必要に応じて、スケジュールをカスタマーケアで変更できます。
詳しくは、アドビカスタマーケ アにお問い合わせください