Show Menu
トピック×

新しいスキーマの設定の変更

このドキュメントでは、新しいスキーマを導入した後に、すべてのデフォルトのData Workbench設定を変更する方法を説明します。

データセットスキーマについて

データセットスキーマの基盤は、Data WorkbenchのWeb解析スキーマのバックボーンを構成する一連の関係で構成されます。 次の例では、一般的なWeb分析スキーマは、訪問者、訪問、ページビューの間の関係を示しています。
  • 任意の特定の訪問者が1つ以上の訪問を持つ場合があります。
  • 任意の訪問は1人の訪問者のみが生成します。
  • 任意の訪問に1つ以上のページビューを含めることができます。
  • 任意のページビューが1回の訪問に属する。 <discoiqbr>
Webやビジネス界が長年にわたって発展してきた中で、Webやデータ分析のニーズも変わってきました。 ウェブサイトは、コンテンツを見る場所として始まりました。 さて、コンテンツを見てみましょう。チャット、ビデオ、または送信を通じてインタラクティブに対応。製品を購入するそしてもっと多くの さらに、自社のWebデータを自社のビジネスの他のチャネルのデータと統合し、自社のビジネス全体をよりよく見ることができるようにしたいと考えています。 例えば、会社は、Web、コールセンター、電子メール、ソーシャル、店舗、顧客データを一緒に統合したいと考える場合があります。 このオフラインチャネルとオンラインチャネルの統合により、データセットスキーマは、2つのデータセットスキーマが同じでない年月を経て進化してきました。
<discoiqbr> オンラインデータとオフラインデータを統合する場合、「訪問者」という用語は必ずしも適切とは限りません。 その結果、訪問者の代わりに「顧客」という用語が使用されることがあります。
複数のデータソースのデータがある場合、「エンゲージメント」レベルを使用して、時間の単一の表示を有効にします。 例えば、1つのデータソースしかない場合、次のように指定します。Webサイトでの訪問者アクティビティによって収集されたeコマースデータ。 この場合、訪問レベルは訪問者から貴社サイトへの訪問を示します。 時間ディメンション — 'Day'、'Week'、'Month'など — 通常、「訪問」レベルで取り込まれます。
同様に、「イベント」レベルは、エンゲージメント中に発生したすべてのイベント(ページビュー、コールセンターへの通話など)を表示します。 エンゲージメント中に、顧客のすべてのオンラインイベントとオフラインイベントを組み合わせます。

DWBの新しい可算構造

新しいスキーマ構造は、訪問者を顧客別、訪問をエンゲージメント別、およびヒットをイベント別に置き換えます。

新しいデータセットスキーマに基づく設定の変更

データセットスキーマを訪問者から顧客に変更するには、次の設定ファイルを変更する必要があります。
  1. 可算ディメンションと拡張ディメンションが定義されるDatasetフォルダー内のすべての設定ファイル。
  2. 「訪問者」、「訪問」または「イベント」がレベルとして使用される、Dimensionフォルダーの下の設定ファイル。
    例:Campaign.cfgファイルを参照してください。 Adobe SCプロファイルでは、キャンペーンは訪問レベルで定義されます。
    次の例は、親スキーマの変更を訪問からエンゲージメントに変更したというアイデアを提供します。
  3. 一部の指標は可算から派生したり、作成したりするので、Metricsフォルダーの設定ファイルを変更または作成する必要があります。
    例:新しい指標を作成す Customers.metric with formula = sum(one,customer) るか、Page Views.metricとして作成し て、ヒッ トレベルで定義します。 指標を変更し、「ヒット」ではなく「イベント」にレベルを変更します。
    Adobe SC Page Views Metric:ヒットレベルで定義される指標:
    <discoiqbr> 新し <discoiqbr> いスキーマに基づくページビュー数指標は次のとおりです。
  4. 顧客、エンゲ ージメント 、イベントに関連する新しい指標または変更された指標を反映するように、metricsフォルダーのorder.txtを変更します。
    Adobe SC order.txtファイルを参照してください
    新しいスキーマの変更が含まれるOrder.txt file:
  5. Visualizationフォルダーの下のすべての設定ファイル(.vw)を、新しいレベルを参照するように変更する必要があります。顧客、エンゲージメント、イベントを参照してください。 例:2Dプロセスマップ、3Dプロセスマップなど
    2DプロセスマップのAdobe SCのデフォルトのURI.vwは、以下に示すように、ヒットレベルと訪問グループで定義されます。
    新しいスキーマのURI.vwで行う変更: