Show Menu
トピック×

週別再処理のスクリプティング

この節では、ログファイルを毎週再処理するスクリプトを設定し、スケジュールするのに必要な最小限の手順を簡単に説明します。 これは、プロファイルを設定または変更するためのリファレンスガイドとして使用できます。

再処理とは

データソース、オフラインデータソース、または期間の変更に基づいて、DWBにデータを読み込む。 このスクリプトは、 Log Processing.cfgファイルの開始日パラメーターを再処理します

前提条件

レポートスイートID、月数データはDWBで使用できます。 Perl64フォルダは、 C:\ driveで入手できます。

再処理ログ

Windowsコマンドスクリプト Reprocess.bat (\scripts\Log Processing(メインFSUサーバーの))で、上記の詳細( 前提条件 )を指定します。
このスクリプトは、内部的に2つのクライアント固有のスクリプトを呼び出します。1つはデータを再処理し、もう1つは電子メールの警告を受け取るためです。 これら2つのスクリプトは、\scripts\Log Processingフォルダーにもあ ります
このスクリプトは、 Log Processing.cfgファイル内の再処理パラメーターを変更します

ログの周期的なウィンドウ

Windowsコマンドスクリプトのlogprocessingdate.batに詳細(前提条件)を 入力します 。このファイルは、 ** FSUサーバーの\scripts\Scripositoryフォルダーにあります。 このスクリプトは、内部的に2つのクライアント固有のスクリプトを呼び出します。1つはログの開始日を設定し、もう1つは電子メールアラートを設定します。 この2つのスクリプトは、* \scripts\Scripository*でも利用できます。
  • logprocessingdate.bat*ファイルにレポートスイートIDと月数を指定します。
このスクリプトでは、 Log Processing.cfgの開始日パラメーターを変更します
Scripositoryフォルダ ーが使用できない場合は 、次の手順に従って ** Scripositoryフォルダーをコピーし、お客様向けの詳細情報を使用して上記のファイルを変更します。 また、エラーが発生した場合に警告を受け取る電子メールアドレスを指定します。

スクリプトのスケジュール

次の手順に従って、Windowsタスクスケジューラーでスクリプトをスケジュールします。
  1. Windowsのタスクスケジューラーでスクリプトをスケジュールします。
    • タスクスケジューラを開く:「タスクスケジューラ ーライブラリ」を右クリックし 、「タスクの作 成」をクリックします
    • 「一般」タ ブで 、タスク名を指定し、「オプション」を選 択します
    • Triggers 」タブで「 New 」をクリックすると、新しいウィンドウが開きます。
    • 「アクション 」タブで 、「新規」をク リックすると 、新しいウィンドウが開きます。 次に、スクリプトの詳細やその他のオプションを指定します。 (で始まると、スクリプトが配置されるパスになります)。
  2. 検証:右クリックしてジョブを実行し、 Log processing.cfgファイルの変更を確認します 。 スクリプトで指定された電子メールIDに電子メールが送信されます。