Show Menu
トピック×

SAINTスクラバーのスクリプティング

ここでは、Saint Scrubberスクリプトについて説明します。

SAINT分類の概要

分類は、SiteCatalyst属性インポート/ネーミングツールの頭文字SAINTでも知られています。
SiteCatalyst変数を「分類」すると、変数とその変数に関連するメタデータとの間に関係が確立されます。 分類はキャンペーン領域で最も頻繁に使用されるので、それを説明する方法として使用します。 ほとんどのクライアントは、トラッキングコードを使用してキャンペーントラフィックを自社のサイトに送信します。 この追跡コードは、「goog123」など、Googleで購入された特定のキーワードを表す識別子です。 この識別子はs.campaigns変数に渡されるので、訪問者がそのキャンペーンコードからサイトに来訪した後に発生したサイト成功イベントを確認できます。
ただし、トラッキングコードだけでキャンペーンを表示する代わりに、検索エンジン、キーワード、キャンペーンチャネル別にキャンペーンの結果を表示したい場合はどうなりますか。 検索エンジン用、キーワード用、キャンペーンチャネル用の新しいコンバージョン変数を作成する必要がありますか。 その場合、50個の変数の多くをCampaignsのみで使い切ります。 ありがたいことに、分類を使って人生をより簡単にすることができます。 各トラッキングコードには検索エンジン、キーワード、またはキャンペーンチャネルが含まれる場合があるので、それぞれを表すキャンペーン変数の3つの分類を作成するだけです。 基本的には、SiteCatalystに対して、Campaigns変数と他の3つの「メタデータ」値との間に直接の関係があることを伝えます。 これにより、SiteCatalystではタグ付けを行わずに4つの変数すべてでサイトの成功イベントをスライスし、細かく分類できます。

DWBのSAINTスクラバスクリプト

このスクリプトは、SAINT分類データをDWBに取り込むときに使用します。 スクリプト SaintScrubber.datは 、通常はFSUの\Scripts\Scripositoryフォル ** ダーの下に配置されます。
このスクリプトの主な目的は、 <discoiqbr> SAINT分類ファイルのヘッダを削除することです。 また、列ヘッダー行に指定された列の数がカウントされ、すべてのデータ行がチェックされます。 列数が少ない行がある場合は、ファイルから削除されます。
SaintScrubber.dat 、内部的に*saint_scrubber.pl *scriptを呼び出します。 このスクリプトファイルの詳細を次に示します。
パス:E:\Scripts\Scripository\Library\Perl **
スクリプトの引数:
  1. Input Folder(必須):source_directory
  2. 出力フォルダー(必須):destination_directory
  3. 区切り文字(必須):delimiter
  4. Reject Folder(オプション)(パラメータは空白のままにするか、コマンドラインから省略することができます)
  5. Log Folder(オプション)(パラメーターは空白のままにするか、コマンドラインから省略することができます)
Perlスクリプトで実行される手順:
  1. エスケープされたフォームフィード、改行、復帰、タブをスペースで置き換えます。
  2. UTF-8 BMP(Basic Multilingual Plane)で制御文字として解釈されるダブルバイトを削除します。ただし、次の点が異なります。
    • 9横置きタブ
    • 10ラインフィード
    • 12フォームフィード
    • 13復帰
    • パイプキーワードを|例:区切りパイプ
    • その他の問題のある文字を削除する
    • 上記のスクラブの後に、最初のデータ行(空白やコメントではなく)と異なる数の列を持つ行をドロップします
    • 拒否された行をスキップするのではなく、拒否された行を保持するオプションの拒否ファイルをサポート
    • 再帰入力フォルダをサポート同じ構造の出力フォルダを生成する
    • スクリプトを同じ既存の入力フォルダーで再び実行しても処理済みの入力ファイルを処理済みのサブフォルダーに移動し、処理済みのサブフォルダーで処理を繰り返さないようにする
    • Workbenchのファイル名で日付を認識、処理を日付順に並べ替え、次にアルファベット順に並べ替えます。フォルダー名は関係ありません。 これにより、Workbenchのファイルタイプ(ecom、non-ecom)やレポートスイートID(複数のレポートスイートを単一のInsightデータセットに処理する場合)に関係なく、シーケンスが正しいことが保証されます。
    • 電子メールアラートのサポート <discoiqbr>