Show Menu
トピック×

ワークステーションセットアップウィザード

Data Workbenchには、ワークステーション(クライアント)アプリケーションをインストールするためのセットアップウィザードが用意されています。

セットアップウィザードを使用したワークステーションのインストール

インストールウィザードの実行ファイルを起動し、各手順を実行して、ワークステーションクライアントプログラムをインストールします。 ワークステーションのインストール後、サーバーとプロファイルに接続
  1. 重複 — ワークステーションインストーラの実行可能ファイルをクリックします。
  2. 「はい ​」をクリックして、プログラムのWindowsへのインストールを許可します。
  3. セットアップウ ィザードの 「言語」を選択します。
    ウィザードが開きます。
  4. Data Workbenchセッ トアップ ウィザード の開始ダイアログで「次へ 」をクリックします。
  5. # をインスト ールするか 、既存のイ ンストールをアップグレード 、または修復するかを選択します。
    # を選択すると 、以前にインストールされたファイルが上書きされます。
    アップグレード :ワークステーションを最新バージョンに更新するか、既存のインストールを修復できます。 Data Workbenchは、インストールされた Insight.exe Clientファイルを比較し、新しいバージョンのクライアントが使用可能な場合は、ワークステーションセットアップウィザードを実行します。
  6. インストール場所の選択:
    「標準」は 、デフォルトのフォルダと場所にインストールされます。
    • プログラムファイルはデフォルトで次の場所に保存されます。
      C:\Program Files\Adobe\Adobe Analytics\Data Workbench
      
      
    • データファイル(プロファイル、証明書、トレースログ、ユーザーファイル)は、デフォルトで次の場所に保存されます。
      C:\Users\<username>\AppData\Local\Adobe\Adobe Analytics\Data Workbench\
      
      
      サーバーの詳細を含まない汎用 的なInsight.cfg ファイルが最初にインストールされます。 以前のインストールからファイルを移動するのではなく、新しくインストールした Insight.cfgファイルを使用して 、カスタマイズすることをお勧めします。 ワークステーションのインストールパスが変更されたので、フォントの追加、 User Folderの削除 、および*TraceFileComponent *の削除を推奨します。
  7. (オプション)「カス タム 」を選択して、言語パッケージと、言語ファイルとプログラムファイルの場所を選択します。
  8. ショートカットの場 所を開始メニューで ​選択
    # をクリックして** 、Windowsのメニューにショートカットをインストールしないようにします。
  9. 次へ」をクリックします。 選択したファイルの場所のパスと言語の概要が表示されます。 Click Install.
  10. Data Workbenchの証 明書を探します
    インストール中にData Workbenchの証明書が見つからない場合は、ダイアログが開いて証明書の場所(デフォルトではクライアントの Certificates フォルダーにある .pem ファイル)を参照するか、「スキップ」をクリックしてインストール後の証明書を検索します。
    証明書を 見つけたら 、「Install」をクリックします。
  11. セットアップウィザードが完了し、Data Workbenchがインストールされたら、「完了」をクリ ックし 、セットアップを完了します。
    ワークステーションセットアップウィザードの既定のログの場所( C:\Users\)<userName>&#39;\AppData\Local\Temp
    設定後にWorkbenchを 開くには 、「アプリケーションを起動」チェックボックスを選択します。
  12. ファイル内のサーバ ーへの接続を設定 Insight.cfg します。
    ワークステーションのインストール後、拡張ワークステーション設定ワークスペースが開き、 Insight.cfg ** (Enhanced Workstation Configuration Experience)ファイルにサーバー接続情報を入力する方法や、ドロップダウンからプロファイルを選択するオプションに関する追加情報が表示されます。 サーバーへの接続状態を表示することもできます。

インストールフォルダ

Data Workbenchのフォルダー構造には、2つのインストール場所があります。
  • プログラムファイル Insight.exe 、およびサポートするクライアントファイル( Insight.ini )が、デフォルトで次の場所に配置されるようになりました。
    C:\Program Files\Adobe\Analytics\DataWorkbench
    
    
  • Appdataフ ォルダ
    Insight.cfg 、プロファイル、証明書、トレースログおよびユーザーファイルは、デフォルトで次の場所に配置されるようになりました。
    C:\Users\<Winuser>\AppData\Adobe\Analytics\DataWorkbench\ 
    
    
    ファイル内の Appdata フォルダのパスを設定でき Insight.ini ます。
    [InitialSettings] 
    AppDataFolder=C:\Users\mhiatt\AppData\Local\Adobe\Adobe Analytics\Data Workbench\ 
    Locale=en-us
    
    

ワークステーションのアンインストール

Data Workbenchには、ワークステーション(デフォルトでは)をアンインストールする実行可能ファイルが含まれるようにな Program Files\Adobe\Adobe Analytics\Data Workbench\ unins000.exe ​りました。
を起動し、Data Workbenchワークステーションファイルをハードドライブから削除する手順に従います。
開始メニューの「 Uninstall Data Workbench 」ショートカットを使用するか、/からunins000.exe実行可能ファイルを起動で きます Control Panel Program and Features