Show Menu
トピック×

Data Workbenchの履歴監視プロファイルの指標

Data Workbenchの履歴監視プロファイルに含まれる指標と、その派生方法を以下に示します。
重要なアラート
各Pingの警告の重大ディメンションの合計。
アラートのダウン
各PingのAlert Downディメンションの合計。
警告
各Pingのアラート警告ディメンションの合計。
すべてのコンポーネント
コンポーネントチェックの成功が「1」に等しいpingの数を、ping指標に100を掛けた値です。
遅延時間(分)
この指標は、各Pingの基準遅延時間(分)の合計をPing指標で割った値です。
ブロック
各ブロックの1つの合計。
すべてをブロック
すべてのブロック。
全体的な容量
容量サイズ指標に2を加え、容量行指標を3で割った値。
容量行
各PingのCapacity Row Percentageディメンションの合計をPing指標で割った値。
容量サイズ
各PingのCapacity Size Percentageディメンションの合計をPing指標で割った値。
通信
「1」に一致するPingの数をPing指標で割った値。
詳細チェック秒数
pingタイプが「サーバー」である各Pingの詳細なチェック秒数ディメンションの合計を、Ping指標で割った値です。
ディメンションGigaBytes
各Pingのディメンションのギガバイト数をPing指標で割った値。
ディスク「x」
ディスク指標は、各Pingのディスク使用率の合計をPing指標で割って計算されます。
推定スイープ時間(分)
これは、各Pingの推定スイープデケイ秒の合計を、Estimated Sweep Dekasecondsが0より大きいPing指標で割って、すべて6で割った値です。
Fast Input MB/分
Fast Input MegaBytes/Minuteの合計が0より大きい場合、各PingのFast Input MegaBytes/Minuteの値をPingの数で割った値。
高速入力モード
処理モードディメンションが「Fast input」をPingで割った値と等しいping。
Fast Merge MegaBytes/Minute
各PingのFast Merge Megabits/分の合計をPing指標で割った値。
高速結合モード
「処理モード」が「高速結合」をPing指標で割った値になるping。
Field GigaBytes
各Pingのフィールドギガバイトディメンションの合計をPing指標で割った値。
Load
各Pingの読み込み平均ディメンションの合計をPing指標で割った値。
ログの読み取り
各Pingのログ読み取り処理ディメンションの合計をPing指標で割り、すべて10で割った値。
メモリページ
各Pingのメモリページファイルの割合の合計をPing指標で割った値。
メモリ物理
各Pingのメモリ物理割合ディメンションの合計をPing指標で割った値。
メモリクエリ
各Pingのメモリクエリの割合の合計をPing指標で割った値。
メモリ合計GB
各PingのMemory Physical MegaBytes Totalディメンションの合計をPing指標で割った値。
ネットワーク接続
これは、各Pingのネットワーク接続の合計をPing指標で割った値です。
Ping x Capacity Overall
ping指標に「Capacity Overall」指標を掛けた値。
ポーリング待ち時間ミリ秒
各Pingのポーリング待ち時間のセンチ秒数ディメンションの合計を、Ping指標で割った値で、すべて10を掛けた値です。
クエリの実行
Estimated Sweep Dekasecondsが「0」を超える各Pingの合計が、Ping Typeが「server」に等しいPing指標で割られた値です。
クイックチェック秒数
Pingタイプが「サーバー」に等しい各Pingのクイックチェック秒数をPing指標で割った値。
出力行
各pingの出力行ディメンションの合計をPing指標で割り、100000を掛けた値です。
リアルタイムモード
処理モードディメンションが「リアルタイム」に等しいpingの数を、ping指標で割った値ですべて100を掛けた値です。
再処理モード
100から、処理モードが「リアルタイム」をping指標で割ったpingの数を100で乗算した値を引いた値です。
停止
一時DB
各Pingの一時DB領域の割合の合計をPing指標で割った値。
変換
各Pingの変換率の合計をPing指標で割った値で、すべて10で割った値です。