Show Menu
トピック×

Data Workbench 6.11 の更新

Data Workbench 6.1.1 では、システムの OpenSSL が更新されました。これは、以前のバージョンの OpenSSL で見つかった「ハートブリード」脆弱性を修正するために必要な更新です。Data Workbench の特定のバージョン(5.5.x、6.0.x および 6.1.x)では、脆弱性があると考えられるバージョンの OpenSSL を使用していました。
Data Workbench の管理対象ユーザーはバージョン 6.1.1 に更新されていますが、オンプレミス実装の場合は、更新する必要があります。
Data Workbenchサーバーは認証を必要とするので、外部の攻撃者は、初期ハンドシェイクを超過できないので、この脆弱性を悪用できないことを理解することが重要です。
See upgrading instructions for detailed information about upgrading from previous versions to Data Workbench 6.1.1.