Show Menu
トピック×

Data Workbench 6.4 のリリースノート

Data Workbench 6.4 のリリースノートには、新機能、アップグレード要件、バグの修正および既知の問題が含まれています。
以前のリリースの機能や修正を確認するには、 リリースノートのアーカイブ を参照してください。

新機能

Data Workbench 6.4 には、次の新機能が含まれています。
DWB 6.4 の機能
説明
顧客レコードサービス(CRS)のエクスポート機能を使用して、Data Workbench のデータを詳細テーブルから Adobe Analytics コアサービスにエクスポートし、Analytics のその他の機能(Reports & Analytics など)と統合できます。
ステップバイステップ方式のインストールウィザードを使用して Data Workbench(クライアント)をセットアップします。ワークベンチのダウンロード、オプション設定、インストール、サーバーとの同期を行うことができます。
ワークステーション設定エクスペリエンスの強化
ワークステーションのインストール後、「サーバーへの接続を設定」ワークスペースが開き、Insight.cfg ファイル内のサーバー接続情報の入力に関する詳しい情報が表示されます。サーバーへの接続状況の表示やプロファイルの選択も行えます。
プレゼンテーションオーバーレイを使用して、ビジュアライゼーションへの注釈の付与やビジュアライゼーションの明確化を行うことができます。テキストコールアウト、矢印、画像および色分けの追加によってデータを強調および明確化したうえで、他のユーザーと共有できます。
ステップバイステップ方式のウィザードの採用により、指標ディメンションの作成が容易になりました。
管理者は、カスタムグループのアクセス制御の管理を部分的にワークステーションユーザーに任せることができます。
プロファイル、ディメンション、レポート、ワークスペース、指標またはフィルターマネージャーで作業中のユーザーがプロファイルを上書きできないようにすることができます。プロファイルマネージャーで、Internal.cfg ファイルをカスタムプロファイルに保存して、システム内の複数のプロファイルファイルをサーバー上で上書きできないようにします。
Data Workbench 6.4では、新しいワークスペースアイコン、ツールヒント、スプラッシュスクリーンおよびF1ショートカットがヘルプに追加されました。 また、ツールバーからヘルプ/トレースディレクトリを開くを選択してログファイルを開くこともできます。
クラスタリングアルゴリズムの更新
クラスタリング機能に期待値最大化が追加されました。これは Adobe Analytics Premium の機能です。
ログ情報の更新
Data Workbench では、拡張されたログフレームワーク「L4」を使用できます。このフレームワークでは、必要に応じてログの設定を行うことができます。6.4 パッケージに付随するデフォルトの実装は、このソフトウェアの処理に関する重要な情報を提供しています。サーバーイベントのトラブルシューティングや根底にある問題の分析に役立てるために、関連するサーバー、クライアントおよびレポートサーバーなどの詳細情報をログに追加することができます。追加の L4 ログを実装するうえでさらなるサポートが必要な場合は、アカウントマネージャーにお問い合わせください。
ExportIntegration.exe ログオプションの新しい設定ファイル
新しい httpLoggingEI.cfg 設定ファイル(server\Admin\Export\httpLoggingEI.cfg)を使用すると、統合のエクスポート時に HTTP.log ファイルに対する INFO ログの記録を停止できます(CRS、TNT および MMP エクスポートでは、既に詳細ログが個別のエクスポートログファイル内に取得されています)。true に設定すると INFO ログ(テストおよび詳細レポート用)の記録が HTTP.log ファイルに対して開始され、false に設定すると、詳細ログの記録が中止されます。false に設定した場合は、警告/エラーレベルのメッセージのみが HTTP.log ファイルに送られます。
グラフビジュアライゼーションでのズーム機能
ズーム機能を使用すると、値どうしの差が大きくなっても指標ラベルが適切に表示されます。これまでは、例えば指標の回帰値をそれまでの値よりも高く設定すると、値のコントラストの変化によってラベルが消えていました。You can now zoom in to the visualization by clicking Ctrl and moving the mouse wheel while hovering over the graph.
新しいカラーピッカーツール] ()
新しいカラーピッカーを使用すると、単純なカラーパレットからカラーを選択したり、「詳細」タブをクリックしてグラデーションスケールからの選択または独自の RGB 値の入力を行ったりできます。
ファインダーでエクスポートできるメタ情報の増加
ディメンションや指標をファインダーからエクスポートする際に提供されるメタ情報が増えました。指標ファインダー出力に名前および数式が含まれるようになりました。ディメンションファインダー出力に名前、種類、親が含まれます。
Insight.exeとInsightSetup.exeが電子署名されるようになりました
これらの実行ファイルは、ソフトウェアダウンロードが変更または破壊されていないことを証明するためにデジタル署名されるようになりました。
日付形式のオプション
Standard Time Dimensions.cfg ファイル内のロケールに基づいて日付形式を変更できます。デフォルトの MM/DD/YYYY 形式を DD/MM/YYYY 形式に変更したり、その他のオプションを選択したりできます。
ファイルビジュアライゼーションの分離
レポートを表示する際に、基本プロファイルのファイルビジュアライゼーション(管理者/ファイル)に大きなディレクトリ(削除されたログ、エクスポート、検索データ)が含まれなくなります。これにより、レポートの表示が速くなります。大きなディレクトリはそれぞれ個別のレポート(管理者/エクスポートファイル、検索ファイル、ログファイル)に表示されるようになります。
メモリ内キャッシュを使用する Device Atlas
検索パフォーマンスを向上するために、DeviceAtlas.bundle ファイルがメモリ内キャッシュを使用するようになりました。
コードビジュアライゼーションの更新
コードビジュアライゼーションの表示時に、カーソルをセクションの上に移動したときの視認性が向上しました。
ファインダーから詳細テーブルへのディメンションのドラッグ
ワークステーションで、ディメンションをファインダーパネルからワークスペースの詳細テーブルに直接ドラッグできるようになりました。
ツールバーのアイコンをオフにして、テキスト名に戻すことができます。 Add the Toolbar Icons = bool: false parameter to the Insight.cfg file . false に設定した場合、ワークステーションのユーザーインターフェイスにアイコンが表示されなくなり、ツールバーにテキストでメニュー名が表示されます。

メモリ内キャッシュを使用する Device Atlas

検索パフォーマンス向上のために、DeviceAtlas.bundle ファイルがメモリ内にキャッシュされるようになりました。
デフォルトでは、Device Atlas は最大 100,000 のユーザーエージェントとそのプロパティをキャッシュします。LRU キャッシュは、DeviceAtlas.bundle 内部で完全に自己完結しているので、バンドルファイルを使用できるバージョンのサーバーであれば、新しいファイルを読み込むとすぐにパフォーマンスが向上し、自動的にメリットを得られます。
DeviceAtlas.cfg ファイルの変更
LRU キャッシュの最大サイズは、DeviceAtlas.cfg ファイル内の Cached Elements Limit パラメーターを変更することによって、設定できます。
Data Workbench 6.4 リリースから、Cached Elements Limit のデフォルト値「100000」を変更してファイルを保存することによって、この値をオーバーライドできます。デフォルト値は、ほとんどのニーズを満たせるように選択されています。
component = DeviceAtlasComponent: 
  DeviceAtlas Bundle File = string: Lookups\\DeviceAtlas\\DeviceAtlas.bundle 
  Unsynchronized Bundle Extraction Path = string: Temp\\DeviceAtlas\\ 
  
<b> Cached Elements Limit = unsigned int: 100000</b> 

アップグレード要件

Data Workbench 6.4 にアップグレードする際は、以下の要件および推奨事項に従ってください。
以前のインストールからファイルを移動するのではなく、新たにインストールしたデフォルトの設定ファイルを使用してカスタマイズすることをお勧めします。ただし、次の例外があります。
  • 以下の実行ファイルについて、Windows 2012 Server の MS System Center Endpoint Protection の​ 除外プロセス ​を​ 追加 ​します。
    • InsightServer64.exe
    • ReportServer.exe
    • ExportIntegration.exe
    これにより、これらのインターフェイスする実行可能ファイルに対するホワイトリストの権限が許可されます。
  • **サーバー上の​ Trust_ca_cert.pem 証明書を更新します
  • アトリビューションプロファイルの再編成
    • Attribution フォルダーの名前が Attribution - Premium に変更されました(デフォルトのインストール場所 Profiles \Attribution - Premium にあります)。
    • Premium プロファイルは削除され、ワークスペースは新しい Attribution - Premium フォルダーに移動されました。
  • Attribution-Premium 設定を更新します 。 デフォルトの Adobe SC プロファイルをオーバーライドするパラメーター設定でプロファイルをカスタマイズした場合は、以下の設定ファイルのカスタムフィールドを更新する必要があります。
    • Decoding Instructions.cfg
    • SC Fields.cfg
  • この再編成によって、古い Attribution フォルダーと Premium フォルダーをサーバーのインストール場所から削除する必要があります。
    以下の設定を
    Profile = profileInfo:  
      Active = bool: true 
      Directories = vector: 6 items 
        0 = string: Base\\ 
        1 = string: Geography\\ 
        2 = string: Predictive Analytics\\ 
        3 = string: Adobe SC\\ 
        4 = string: Attribution\\ 
        5 = string: Premium\\
    
    
    次のように変更します。
    Profile = profileInfo:  
      Active = bool: true 
      Directories = vector: 5 items 
        0 = string: Base\\ 
        1 = string: Geography\\ 
        2 = string: Predictive Analytics\\ 
        3 = string: Adobe SC\\ 
        4 = string: Attribution - Premium\\
    
    
  • カスタム Meta.cfg ファイルを更新します (必要な場合)。
    The Meta.cfg files in Base\Context and AdobeSC\Context folders have been updated in this release.
    インストール時に meta.cfg ファイルをオーバーライドする場合は、これらのパラメーターと、適切に入力された​ メタデータのベクター ​でプロファイルのコピーを更新する必要があります。
    94 = meta: 
      path = string: SegmentExport:CRS Configuration/CRS Attributes 
      acceptable children = vector: 1 items 
        0 = Template: 
          name = string: CRS Attributes 
          value = CRSAttributeConfiguration: 
            Attribute Name = string: 
            Attribute Type(int,string) = string: 
            Field Name = string: 
    
    95 = meta: 
      path = string: SegmentExportQuery:CRS Configuration/Report Suite 
      acceptable children = vector: 1 items 
        0 = Template 
          name = string: Add Report Suite 
          value = string:
    
    
  • Windows 2012 Server 上で Microsoft Excel レポートを生成できるように Report Server の権限 ​を設定します。
    1. Set permission of the root folder ( E:\ReportServer\ ) to Everyone = full control .
    2. 適切な権限で以下のフォルダーを作成します。
      C:\Windows\SysWOW64\config\systemprofile\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCac‌he 
      C:\Windows\System32\config\systemprofile\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCac‌he 
      C:\Windows\System32\config\systemprofile\Desktop 
      C:\Windows\SysWOW64\config\systemprofile\Desktop
      
      
      Windows Server 2012でReport Serverを実行している場合は、Windows Server 2012 R2をインストールする必要があります。
    3. これらのフォルダーの所有者として「SYSTEM」を割り当てます。
  • フォントを Report Server に追加します。 ReportServer.cfg ​ファイルに、(すべての言語で)次のフォントを追加します。
    Fonts = vector: 3 items 
      0 = string: Arial 
      1 = string: SimSun 
      2 = string: MS Mincho
    
    
  • Microsoft Excel のバージョンを更新します (必要な場合)。
    Data Workbench 6.4 のリリースに伴って、Excel 2007 のサポートが終了しました。また、Data Workbench は 64 ビットアーキテクチャの Microsoft Windows 上でのみ動作するので、64 ビット版の Microsoft Excel もインストールすることをお勧めします。
  • ワークステーション(クライアント)のインストールに必要な 64 ビットアーキテクチャ
  • ワークステーションセットアップウィザードを実行します
    InsightSetup.exe をダウンロードして起動し、セットアップ手順に従って、新しいバージョンのワークステーション(クライアント)をインストールします。デフォルトでは、ファイルは以下の新しい場所にインストールされます。
    プログラムファイルはデフォルトで次の場所に保存されるようになりました。
    C:\Program Files\Adobe\Adobe Analytics\Data Workbench
    
    
    データファイル(プロファイル、証明書、トレースログ、ユーザーファイルなど)はデフォルトで次の場所に保存されるようになりました。
    C:\Users\<username>\AppData\Local\Adobe\Adobe Analytics\Data Workbench\
    
    
  • フォントをワークステーションに追加します
    Insight.cfg ファイル内で、以下のフォントを(すべての言語に対して)追加します。
    Fonts = vector: 3 items 
      0 = string: Arial 
      1 = string: SimSun 
      2 = string: MS Mincho
    
    

システムの更新

このリリースでは、以下の機能が名前変更または削除され、インストールファイルまたはフォルダーが再編成されました。
  • Base.zip フォルダーは、バージョン更新パッケージに含まれなくなりました。
  • 検索パフォーマンス向上のために、 DeviceAtlas.bundle ファイルがメモリ内キャッシュを使用するようになりました。
  • Log Processing.cfg ファイル内の Log Sources の下の Chunk Size パラメーターが削除されました。
  • Disk Files.cfg ファイル内の以下の場所にあった Detect Disk Corruption パラメーターが削除されました。
\server\components\disk files.cfg
\server\components for processing servers\disk files.cfg
  • 実行可能ファイルのプロパティに​ Adobe Analytics Premium Services Adobe Analytics Premium Report Services に関する新しいサービスの説明が追加されました。
  • 詳細テーブルの​ マスターマーケティングプロファイルエクスポート ​機能の名前が​ プロファイルおよびオーディエンスのエクスポート ​に変更されました。
  • 詳細テーブルの Target エクスポート ​機能の名前が Adobe Target へのエクスポート ​に変更されました。

修正されたバグ

Data Workbench 6.4 では以下の修正が行われました(Data Workbench 6.31 のリリース以降)。
  • 同じワークスペースで異なる入力を再実行した場合に傾向スコアが再設定されていませんでした。今回の修正によって再設定が適切に行われるようになりました。
  • 相関行列を始めて開いたときに使用できる可算ディメンションがないという問題が修正されました。
  • mboxPC フィールドがないために、Target セグメントへのエクスポートが失敗していました。この問題が修正されています。
  • ID リクエストが正しく書式設定されるようになりました。デフォルト PCID の代わりに mbox3rdpartyID による識別を使用すると、( ExportIntegration.exe を使用して)Target/Data Workbench 統合によって生成されたリクエストが Adobe Target によって拒否されていました。現在、この ID リクエストは正しく書式設定され、良好なスループットが得られます。
  • Excel にエクスポートする際の Report Server のメモリリークが修正されました。

既知の問題

Data Workbench 6.4 の既知の制限には以下のものがあります。
  • ExportIntegration.exe ではコマンドライン変数を英語で指定する必要があります。 Adobe Target へのエクスポート プロファイルおよびオーディエンスのエクスポート 顧客レコードサービスのエクスポート ​の出力ファイル名は英語で付ける必要があります。
  • In the Profiles and Audience Export , entering unauthorized characters ( [CR] or [TAB] ) as column names generates incorrect logs resulting in data not exporting correctly.
  • 中国語版および日本語版では、パスブラウザーで Unicode 文字のエンコーディングの問題が発生する可能性があります。