Show Menu
トピック×

Data Workbench 6.5 のリリースノート

Data Workbench 6.5 のリリースノートには、新機能、アップグレード要件、バグの修正および既知の問題が含まれています。

新機能

Data Workbench 6.5 には、次の新機能が含まれています。
DWB 6.5 の機能 説明
新しい 関連付けテーブル および 関連付けの弦 ビジュアライゼーション
関連付けテーブル および 関連付けの弦 ビジュアライゼーションを使用すると、指標をクラメールの V アルゴリズムを使用する指標、ディメンション、およびディメンション要素に関連付けることができます。関連付けテーブルおよび弦は、 相関行列 および クロス集計の弦 ビジュアライゼーションで使用されたものとしてピアソン相関係数を使用するよりも、クラメールの V 計算を使用して値を比較します(相関行列およびクロス集計の弦が指標でのみ比較できるのに対して、関連付けテーブルおよび弦は、指標、ディメンションおよび要素を比較できます)。
これらの機能を使用するには、ワークスペースから、 ビジュアライゼーション 予測分析 関連付けテーブル または 関連付けの弦 を選択します。
デシジョンツリーの新しい 回帰ツリー オプション
Evaluate a Decision Tree using the Regression Tree option by right-clicking and selecting Options > Regression Tree within a Decision Tree visualization.
更新されたデシジョンツリービルダー デシジョンツリー の構築に新しいアルゴリズムが導入されました。より一般的なデータを扱い、より有益なビジュアライゼーションを提供して、予測の精度を向上させます。
強化されたデータサンプリングモジュール :更新されたアダプティブサンプリングスキームにより、デシジョンツリーおよび傾向スコアリングは、より高い精度の結果を達成できます。
予測分析および最適なアトリビューションビジュアライゼーションのレポートサーバーのサポート 最適なアトリビューション、傾向スコア、相関行列、クロス集計の弦、関連付けテーブルおよび関連付けの弦ビジュアライゼーションは、マルチパスのビジュアライゼーションとなり、レポートサーバーで実行できるようになりました。ただし、1 つのワークスペースには 1 つのマルチパスビジュアライゼーションのみ実行できます。(後述の「既知の問題 」を参照。)
コンテキスト対応ビジュアライゼーション ワークスペース内でドラッグ&ドロップすると、ワークスペースで開いている任意のビジュアライゼーションがドラッグされたもの(指標、ディメンション要素、その他)を受け入れられることを識別して視覚的に示すので、ドロップ可能な項目を確認できます。ビジュアライゼーションの境界が青で強調表示され、ビジュアライゼーションにドラッグしようとしている指標が、ドラッグされた指標を受け入れることができることを示します。
新しい「 フィルターを保存 」ボタン ワークスペース内で項目(詳細テーブル、ビジュアライゼーション、フィルターまたはその他の項目)を選択する場合、「 フィルターを保存 」ボタンがツールバーに表示され、選択した項目の フィルターを作成 でき、プロファイルに保存する前にフィルターの名前を入力できます。
設定ファイルを編集するための 新規レイアウト
ワークスペースで右クリックしてドロップダウンメニューから選択することにより、設定ツリー(設定ファイルエディター)で .cfg、.dim、.metric およびその他のファイルをすばやく開いて編集できます。
ファイルを開いて編集するための新しい Ctrl + O および Ctrl + E クイックキー 新しい キーボードショートカット
  • ワークスペースで Ctrl + O キーを押すと、ビジュアライゼーション(.vw)ファイルが開きます。ツールバーから追加/開くを選択するのと同じです。
  • ワークスペースで Ctrl + E キーを押すと、デフォルトで設定ファイルを編集するか、または別のファイルタイプを開くために参照します。
新しい 追加/編集 メニューオプション ワークスペースで(またはツールバーから)右クリックして「 編集 」を選択し、デフォルトで .cfg ファイルを開くか、「すべて選択」を選択して他の .dim .metric および .vw ファイルを参照します。
最近使用したファイルまたはピン留めしたファイルを開く ファイルを「 開く 」機能では、すばやいアクセスのために、最近使用したファイルおよびメニューに「ピン留め」したいファイルがリストされるようになりました。ワークスペースで右クリックして、メニューから「 開く 」を選択するか、ツールバーから 追加/開く および 追加/編集 を選択します。
注意:項目の横のピンアイコンをクリックすると、ワークスペースをメニューに保存します。
向上した フィルター の説明 次のビジュアライゼーションおよびエディターに、適用されたファイルターのわかりやすい説明が新たに表示されます。
  • フィルターエディター (タイトルの上にマウスポインターを置くと表示される)
  • Finder の フィルター パネル
  • 傾向スコア ビジュアライゼーション
  • クラスタービルダー ビジュアライゼーション
  • デシジョンツリービルダー ビジュアライゼーション
指標のインターナショナルフォーマット フォーマット設定ファイルに、指標のインターナショナル区切り文字のサポートが追加されました。
S/FTP 配信 書き出し統合フレームワークに SFTP/FTP エクスポート が追加されました。クライアント(ワークステーション)から設定を行い、FTP および SFTP プロトコルを使用して CSV、TSV、セグメントエクスポートまたはセグメントのヘッダー付きエクスポートを使用して書き出し、ファイルをサーバーに送信できるようになりました。
詳細テーブル を右クリックして、任意のエクスポートを選択します。選択すると、エクスポート設定テーブルが開き、エクスポート設定を追加または更新できます。
ワークステーション(クライアント)での Windows 証明書ストア の使用
サーバーとの SSL 通信のために、Data Workbench クライアント(ワークステーション)の SSL 証明書および秘密鍵を Windows 証明書ストア に格納できるようになりました。Windows 証明書ストア の使用は、単一の格納場所で証明書を管理するユーザーに適しています。(「既知の問題 」を参照。)
サービスとしての 文字列の暗号化
新しい暗号化機能 により、文字列を暗号化して、鍵と共に Windows 証明書ストア に格納されます。
縦横比を保ちながらリサイズされるワークスペースのウィンドウ ワークスペースのウィンドウは、Shift キーを押しながら隅からリサイズすると、縦横比を保ちながらリサイズされるようになりました。
自動的に再計算される 相関行列 相関行列では、右クリックメニューの「 再計算 」オプションが不要になりました。
グループメンバーのユーザー管理の更新 グループメンバーのユーザー管理 で使用する Base パッケージに追加された Access Control.cfg および User List.cfg が変更されました。
更新された クエリーのメモリ制限 unsigned int から __int64 に更新された DPU.cfg クエリーのメモリ制限 設定により、この値に 4 GB 以上を使用できるようになりました。

アップグレード要件

Data Workbench 6.5 にアップグレードする際は、以下の要件および推奨事項に従ってください。
  • Changes in the Components for Processing Servers\Communications.cfg file require you to update this file for the DWB 6.5 release. SourceListServer SegmentExportServer および NormalizeServer エントリは削除されました。(DPU は、 sourcelist 、セグメントエクスポート​ ​または正規化サーバー​ ​を実行しません。)

システムの更新

このリリースでは、以下の機能が名前変更または削除され、インストールファイルまたはフォルダーが再編成されました。
  • クロス集計の弦、相関行列、関連付けの弦、関連付けテーブル、傾向スコアおよび最適なアトリビューションビジュアライゼーションは、 マルチパスのビジュアライゼーション ​となり、レポートサーバーで実行できるようになりました。
    1つのワークスペースに複数パスのビジュアライゼーションを1つだけ設定できます。
    2 つ以上のマルチパスビジュアライゼーションがワークスペースにある場合、レポートサーバーは、デフォルトでレポートの生成に失敗し、次のエラーを返します。
    Too many Multipass visualizations in workspace ....... (has #, 1 allowed).
    
    
    Avoid this error by updating your ReportServer.cfg file or add this line to your existing file in the Reporting section. >
    Max Multipass Per Slice = int: 1
    
    
    Max Multipass Per Slice の値は、1 のままにしておく必要があります(「既知の問題​**」を参照)。
  • Changes made to files in the Server\Menu\Admin folder.
    • ルックアップが削除されました。
    • アーカイブファイルおよびユーザーファイルが追加されました。
    • ファイル、エクスポートファイル、ログファイルが変更されました。
    更新されたファイルには、次が含まれます。
    Base\Menu\Admin\Order.txt (changes to menu)
    
    
    Base\Menu\Admin\Files.vw (removed Lookups and Events string, added 
    Archive and Users strings)
    
    
    Base\Menu\Admin\Archive Files.vw
    
    
    Base\Menu\Admin\User Files.vw
    
    
  • Changes made to files in the Base\Context\ServerDetails folder:
    Base\Context\ServerDetails\Archive Files.vw
    
    
    Base\Context\ServerDetails\Export Files.vw
    
    
    Base\Context\ServerDetails\Log Files.vw
    
    
    Base\Context\ServerDetails\User Files.vw
    
    
    Base\Context\serverdetails\files.vw
    
    
    Base\workspaces\admin\dataset and profile\server files.vw
    
    
  • self-administration of member access に変更が加えられました。
    Base および Server パッケージの新しいファイルに、管理者がメンバーアクセスを更新するための User List.cfg が含まれます。

修正されたバグ

Data Workbench 6.5 で行われた顕著な修正を次に示します(Data Workbench 6.4 のリリース以降)。
  • リリース 6.4 で発生していたブロックデコーディングバグを修正しました。この問題は、非常に大きな訪問者の処理中に発生していました。
  • コンパイラーのアップグレードで発生していたアラインメントのバグを修正しました。この問題は、リリース 6.4 のレプリケーションに影響していました。

既知の問題

  • Windows 証明書ストア​**​の使用は、英語のみに制限されます(中国語や日本語はサポートされません)。
  • グラフの回帰分析​**​で、新しいワークスペースの選択を認識しません。考えられる対応策は、新しい選択を行った後で回帰をやり直すことです。
  • Max Multipass Per Slice の値は、1 のままにしておく必要があります。レポートサーバーを対象とした単一のワークスペースで、傾向スコア、最適なアトリビューション、関連付けテーブル、関連付けの弦、相関行列またはクロス集計の弦の各ビジュアライゼーションのうち、複数を表示することはできません。