Show Menu
トピック×

Data Workbench 6.51 の更新

Data Workbench 6.51 のリリースノートには、新機能、アップグレード要件、バグの修正および既知の問題が記載されています。
以前のリリースの機能や修正を確認するには、 リリースノートのアーカイブ を参照してください。

新機能

Data Workbench 6.51 には、次の新機能が含まれています。
DWB 6.51 の機能 説明
Avro データフィード のロールアウト Adobe Analytics Premium の最新機能や新しい変数タイプ(追加の eVar、カスタムイベント、ソリューション変数など)を提供する新しい Apache Avro 形式でレポートスイートのヒットデータが配信されます。 Avro データフィード を参照してください。
カラーグラデーションオーバーレイによる 棒グラフ表示の改善
グラフのビジュアライゼーションにおける要素のコントラストを改善するために、カラーグラデーションを適用して、円柱効果または左右方向の背景のグラデーションで個々のバーを強調表示することができます。
  • グラデーションオーバーレイなし :グラデーションオーバーレイを適用せずにバーを表示します。
  • 左からの背景 :すべてのバーを左から右へのカラーグラデーションで表示します。
  • 右からの背景 :すべてのバーを右から左へのカラーグラデーションで表示します。
  • 円柱 :各バーをバーの中心からバーの端へのカラーグラデーションで表示します。
Insight.cfg 編集ツリーの更新
「新規レイアウト」ビューが Insight.cfg 設定ファイルの編集 のデフォルトになりました。
さらに、
  • 設定ツリーにおける必須の最上位値を除くすべてに、 取り消し (Ctrl + Z キー)機能が用意されています。
  • 要素を削除する際には、誤った変更を避けるために操作を確認するダイアログが表示されるようになりました。
ダブルクリックでワークステーションが閉じる タイトルバーの左上隅をダブルクリックすると、ワークステーション(クライアントアプリケーション)がすぐに閉じます。
XML デコーダーの機能強化 XML パス内で #value タグを使用して XML ウェブサイト要素の値を取り出せるようになりました。

アップグレード要件

ワークステーション(クライアント)のアップグレード要件:
バージョン6.51のクライアント・ワークステーションをバージョン6.50からアップグレードするには、ワークステーション・セットアップ・ウィザードを実行して、ワークステーションの実行可能ファイルとサポート・ファイル( Upgradeまたはrepair ​モードを使用)をインストールする必要があります。 このアップグレードの場合のみ、 ソフトウェアおよびドキュメント ​プロファイルで設定されているワークステーションの自動アップグレード機能が無効になります(サーバー上の Update software = true ファイルで Insight.cfg と設定されている場合でも無効になります)。
サーバーのアップグレード要件:
ファイルの更 Adobe SC meta.cfg 新:
  • ファイル server\Profiles\Adobe SC\Context\meta.cfg の名前がに変更されまし server\Profiles\Adobe SC\Context\]Adobe SC meta.cfg た。
  • ファイルを更 Base\Context\meta.cfg 新しました。
更新されたファイルをサーバーのビルドに上書きしてください。

システムの更新

このリリースでは、以下の機能が名前変更または削除され、インストールファイルまたはフォルダーが再編成されました。
  • SSL 接続機能の変更 。証明書生成がアップグレードされ、キーの長さが 2048 ビットに変更されたほか、SHA256 を使用するようになりました。この結果、最新の暗号化アルゴリズムの使用で RC4 暗号が使用されなくなりました。
  • ファイルが読み取り専用に変更されました。
    • base\context\serverdetails\detailed status.vw
    • base\menu\admin\detailed status for master.vw
    • base\menu\admin\detailed status for query.vw
    • base\workspaces\admin\dataset and profile\detailed status.vw
  • ブックマークがアルファベット順になりました 。ブックマークパネルを右クリックし、「 アルファベット順にする 」を選択します。ブックマークが各言語のアルファベット順に大文字と小文字を区別せずに並べ替えられます。

修正されたバグ

(Data Workbench 6.5 のリリース以降に)Data Workbench 6.51 で行われた重要な修正を次に示します。
  • これまでは、SGD を使用して収束させる際に​ アルゴリズムアトリビューション ​係数がすべてゼロと表示されていました。この問題が修正されています。

既知の問題

  • 少なくとも 1 つの指標 ​が含まれている 関連付けの弦 のビジュアライゼーションから関連付けテーブルをエクスポートすると、その関連付けテーブルの行/列に含まれる要素が重複します。要素の重複を避けるには、新しい関連付けテーブルを作成し、関連付けの弦から要素をエクスポートするのではなく、目的とする要素を追加します。
  • Avro デコーダーを作成する場合、デフォルトフィールドボタンが機能しません。アカウントマネージャーに問い合わせて、お使いの実装に適した設定を取得してください。
  • DWB 6.50 からワークステーション(クライアント)をアップグレードする場合は、クライアントセットアップウィザードをアップグレードモードで使用して手動で行う必要があります。また、自動アップグレードは行われません(クライアントのアップグレード要件を参照してください)。
  • Using the Chinese and Japanese install packages for Adobe SC AVRO as a stand-alone might give an error stating Undefined Metric: "$Default Metric$" . No mapping is currently defined for $Default Metric$ . ただし、Adobe SC AVRO パッケージを Attribution-Premium パッケージなどの他のパッケージと一緒に使用する場合は、このエラーは発生しません。