Show Menu
トピック×

Data Workbench 6.52 の更新

Data Workbench 6.52 のリリースノート。

アップグレードの問題

データソースのログファイルを処理するために AVRO がアップグレードされました。

修正されたバグ

  • AVRO ソースに同じデコーダー名が使用されていた問題が修正されました(デコーダーは一意でなければなりません)。
    すべてのログパスに対して一意のデコーダーが設定されていない場合、エラーメッセージが表示されるようになりました。

既知の問題

  • ワークステーションの古いバージョンがあり、プロファイルの再処理を選択した場合、偽の警告が表示されます。つまり、実際には一意のデコーダーがあるにもかかわらず、「デコーダーは一意である必要があります。」というエラーが表示されます。ワークステーションを終了し再起動すると、エラーは表示されなくなります。または、このバージョンのワークステーション(クライアント)にアップグレードすると、問題を完全に解決できます。