Show Menu
トピック×

Data Workbench 6.73 のリリースノート

Data Workbench 6.73の新機能および修正点です。

修正点

  • 一部の高解像度および高 DPI ハードウェアでユーザーがサインインできない問題を修正しました。
  • IMSログインを使用すると、アーカイブファイル名に電子メールが含まれないというサーバーの問題を修正。
  • OpenSSL を、いくつかの脆弱性の修正と新しい SSL 暗号化を含むバージョン 1.1.0h に更新しました。
  • 以下のリストのオープンソースライブラリを最新の安定したバージョンに更新しました。
    • libssh2 1.8.0
    • Apache Xerces 3.2.1
    • Apache Xalan 1.11
    • libpng 1.6.34
    • libarchive 3.3.2
    • zlib 1.2.11
    • pcre 8.42
  • Lookup ファイル行数がサポートされている 357913908 行を超えた場合のエラーログを追加しました。

Known issue

  • Data Workbenchワークステーションバージョン6.73は、Data Workbenchサーバーバージョン6.61以前のバージョンに接続しません。 その理由は、古いバージョンのサーバは、バージョン6.73ではサポートされていない暗号の弱い形式を使うからだ。古いバージョンのサポートを有効にするには
    1. サーバ上のデフォルトのSSL暗号リストを、OpenSSLバージョン1.0.1hでサポートされている強力な暗号リストで上書きします。 上書きするには、「Components」ディレクトリと「Components for Processing Servers」ディレクトリにある「Communications.cfg」ファイルに鍵「SSL Ciphers」を追加します。 次に例を示します。 SSL Ciphers = string: !aNULL:AESGCM
      キーがSSLポートと同じレベルに配置されていることを確認します。 詳しくは、「通信設定」 を参照してください。
    2. 最新のtrust_ca_cert.pemファイルをサーバー6.61および古いサーバーに配置します。 この設定は、すべてのWorkstation 6.7xバージョンに適用されます。
Data Workbench 5.3 から 5.52 までについては、 アーカイブされているリリースノート を参照してください。