Show Menu
トピック×

レポート・ステータスの確認

レポートサーバーのステータスとレポートセットのステータスに関する情報です。

レポートサーバーのステータス

推奨頻度: 必要な場合のみ
Report サーバーのステータスに関するステータス情報を2分ごとにData Workbenchサーバーに送信し Report ます。 この情報は、インターフェイスのノード Report Server Status の下に表示さ Detailed Status れます。
ビジュアライゼーションを開くDetailed Statusには
  1. Data Workbenchで、ワークスペース内で右クリックし、/をクリッ Admin クしま Servers ​す。
  2. インターフ Servers ェイスで、コンピューターが接続するData Workbenchサーバーのアイコンを右ク Report リックし、 Detailed Status.
  3. クリック Report Server Status .
複数のエントリがData Workbench Report サーバーに接続されている場合、各エントリのStatusベクトル Report Server が表示されます。 2分間隔は、ファイルのノードのStatus Interval(秒)パラメーターで値を指定することで上書き Reporting でき ReportServer.cfg ます。
このファイルについて詳し ReportServer.cfg くは、「レポ ートセットの設定 」を参照。 設定の詳細については、「レポートのイ Reportンストール」 を参照してくださ い。
For more information about Detailed Status, see the Administrative Interfaces chapter of the Data Workbench User Guide .

レポートセットのステータス

推奨頻度: 必要な場合のみ
Report 各レポートセットのステータス情報をData Workbenchサーバーに送信します。 レポートセットの生成日時や配布先などの基本情報は、Data Workbenchのレポートセットの上に緑のテキストで表示されます。 レポートの実行中、 Report Serverは、現在のクエリの完了率を示すメッセージを2分ごとに出力します。 この2分間隔は、ファイルのノードのCompletion Message Interval(秒)パラメーターで値を指定することで上書き Reporting でき ReportServer.cfg ます。
レポートの実行中にエラーが発生した場合は、そのレポートのサムネールの下に赤いテキストでエラーが示されます。 ワークスペースを右クリックして、完全なエラーメッセージを表示できます。