Show Menu
トピック×

レポートの生成

ワークスペースを処理し、レポートとして指定して、レポートを生成します。
Report ファイル内のパラメータで設定された間 Every 隔(毎日レポートを処理する「」など)で、他のファイル設定に基づいてレポートを生成 [Report.cfg]Report.cfg します。
レポートの生成時に、完了率がそのレポートのサムネ Reports ールの下のタブに表示されます。 レポー Report トの生成中に問題が発生した場合は、レポートセットのフォルダー内のタ Reports ブに最新のエラーメッセージが表示されます。 特定の Report レポートでエラーが発生した場合、セット内の他のレポートも引き続き処理されます。
ファイル内のパラメーターを使用して、次のいずれかまたはすべての形式でレポートセット内のレポー Report Types トを生成で Report.cfg きます。
  • Microsoft Excelファイル(ま .xls たは .xlsx)
  • ポータブルネットワークグラフィックファ .pngイル()
  • サムネール( .jpg)
指定した出力のタイプと共に、レポート Report と同じ名前 .xml のファイルが作成されます。 この <report name> .xmlファイルには、レポートのサムネールの下のタブにあるData Workbenchに表示さ Reports れるレポートの説明が含まれています。 これにより、レポートポータルを通じてレポートを配信する際に説明を使用できるようになります。 について詳しくは、「レポー Report Portalトポータル の使用」を参照してください
内部指標を再定義すると、誤った値が原因でシステムが予期せず動作します。 指標が100%でない限り、レポートは生成されません。 指標の定義は変更しないことをお勧めします。