Show Menu
トピック×

仮想ディレクトリ(IIS 5.0)へのレポートポータルのマッピング

レポートポータルを仮想ディレクトリ(IIS 5.0)にマップする手順です。
  1. がインストールされているマシンで、> > > >または> > Report Portal > Start >を使用してIISマネージャ Control Panel を起 Administrative Tools Internet Information Services Start Administrative Tools Internet Information Services ​動します。
  2. Select Local Machine > Web Sites > Default Web Site .
  3. 右クリックし、「/」 Default Web Site を選択 New します Virtual Directory
  4. が開いたら、 Virtual Directory Wizard をクリックしま Next ​す。
  5. 次の手順を実行して、のルート仮想ディレクトリを定義しま Report Portalす。
    1. エイリアスの入力を求められたら、の名前を入力し、を Report Portalクリックしま Next ​す。 例えば、「Portal」を自分の名前として使用する場合は、エイリアス「Portal」 Report Portalを仮想ディレクトリに割り当てます。 終了したら「 Next 」をクリックします。
    2. 物理パスの入力を求められたら、 <>ディレクトリを参照し​ PortalName ​て選択し 、をク \PortalASP リックしま Next ​す。
      例:C:\Inetpub\wwwroot\Portal\PortalASP
    3. 権限の入力を求められたら、次のオプションが有効になっていることを確認します。
      • Read
      • Run scripts (such as ASP)
    4. Click Next , then click Finish . 作成した仮想ディレクトリが、次の例に示すように # の下に表示されます。
  6. 作成した仮想ディレクトリを右クリックし、/を選 New 択します Virtual Directory
  7. ウィザードを使 Virtual Directory 用して、次の物理ディレクトリのそれぞれにエイリアスを作成します。 これを行うと、これらの物理リソースのそれぞれに対して適切な名前の仮想ディレクトリが作成されます。
このエイリアスを作成します。.. この物理リソースの場合。..
コア
\ PortalName \PortalFiles\Core
例: C:\Inetpub\wwwroot\Portal\PortalFiles\Core
CSS
\ PortalName \PortalFiles\CSS
例: C:\Inetpub\wwwroot\Portal\PortalFiles\CSS
HTC
\ PortalName \PortalFiles\HTC
例: C:\Inetpub\wwwroot\Portal\PortalFiles\HTC
画像
\ PortalName \PortalFiles\Images
例: C:\Inetpub\wwwroot\Portal\PortalFiles\Images
出力
Report Serverがレポートセットの出力を 保存する ディレクトリの物理的な場所。 出力フォルダーは任意の場所に配置でき、任意の名前を付けることができ、各レポートセットのサブフォルダーを含めることができます。
これは、レポートセットのReport.cfgファイルのOutput Rootパラメーターで指定したのと同じディレクトリである 必要があります 。 詳しくは、Report.cfgファイル の設定を参照してください
デフォルトの場所は\ PortalName \PortalFiles\Outputです。
例: C:\Inetpub\wwwroot\Portal\PortalFiles\Output
PortalName \PortalFiles\Output directory contains the profiles .xmlファイル。このファイルは、このエイリアスに指定する出力ディレクトリに移動する必要があります。
[パス]属性が正しく設定さ れている ことが重要です。
  1. 完了したら、IISに6つの新しい仮想ディレクトリが表示されることを確認します。 ディレクトリ構造に、(ポータルと同じ名前の)1つの親フォルダーと、次に示す5つのサブフォルダーが含まれていることを確認します。
  2. 完了したら、 Edit the Session Configuration File (セッション設定ファイルの編集)に移動し、インストールプロセスを続行します。