Show Menu
トピック×

仮想ディレクトリ(IIS 7.0以降)へのレポートポータルのマッピング

レポートポータルを仮想ディレクトリ(IIS 7.0以降)にマップする手順です。
現在、ほとんどの管理サービスクライアントには、Windows Server 2008オペレーティングシステムとIIS 7.0以降のWebサーバーを持つサーバーが存在します。

前提条件

  • ASPとコンポーネントがIIS 7.0 ASP.Net 以降用にインストールされていることを確認します。
  • IIS Webユーザーがファイルにアクセスできる Modify ことを確認してく E:\Portal\data\users.mdb ださい。 ファイルを右クリックし、の下のタブに移 users.mdb 動すると、 Properties変更でき Security ます。 IIS Webユーザが一覧に表示されない場合、またはIIS Webユーザを一覧に追加する権限がない場合は、グループにアクセス権を与え Users るだけで Modify す。
  • を実行するために使用されているユーザーアカウントが、[C:\Windows\Temp\] Application Pools フォル Modify ダーおよびE:\Portal\data\users.mdbフォルダーにもアクセスできることを確認します。

インストール手順

  1. がインストールされてい Report Portal るコンピュータで、次を起動しま IIS Managerす。
    Start > Administrative Tools > Internet Information Services (IIS) Manager .
  2. Select Local Machine > Sites > Default Web Site .
  3. 右クリックし、を Default Web Site 選択しま Add Virtual Directory ​す。
  4. エイリアスの場合は、 Portalと入力します。
  5. 物理パスに対して、と入力しま E:\Portal\PortalASPす。
  6. クリック OK .
    作成した仮想ディレクトリがに表示されま Default Web Siteす。
  7. 作成した仮想ディレクトリの下に、次の仮想ディレクトリを追加します。
    このエイリアスを作成…
    この物理リソース
    コア
    E:\Portal\PortalFiles\Core
    CSS
    E:\Portal\PortalFiles\CSS
    画像
    E:\Portal\PortalFiles\Images
    出力
    レポートセットの出力を保存する Report Server ディレクトリの物理的な場所。 出力フォルダーは任意の場所に配置でき、任意の名前を付けることができます。 各レポートセットのサブフォルダが含まれます。 を削除できますが、 E:\Portal\PortalFiles\Output出力ファイルの profiles.xml 物理的な場所に移動することはできます。
  8. 完了したら、IISで4つの新しい仮想ディレクトリが表示されることを確認します。 ディレクトリ構造に、(ポータルと同じ名前の)1つの親フォルダーと4つのサブフォルダーが含まれていることを確認します。
  9. をクリック Application Pools ​し、次 DefaultAppPool に(ポータルで設定したものと仮定します)をクリックします。
  10. 「32ビットア Advanced Settings プリケーションを有効にする」で「True」をクリックします。
  11. を機能させるに Portal は、アプリケーションに変換する必要があります。 仮想ディレクトリを設定したら、ポータル仮想ディレクトリを右クリックし、を選択しま Convert to Application ​す。

その他のヒントとテクニック

  • は、Softdocsの>からダウ Portal ンロードで Softdocs きます Report Portal 。 は、単にをダウンロードするだけです ReportPortal-Release-1-0-0-7.zip。
  • を削除できるように、こ ReportPortalSetup.xmlれらは不要になりました。
  • 標準化のため、このzipファイルの内容をに配置します E:\Portal。
  • SMTPサーバーを特定する管理サービスクライアントの場合は、ここを参照します。
  • NetOpsと共にリクエストを送信し、レポートサーバのIISのドメイン名のエントリをよりわかりやすいものに変更します。例えば、ポータ reports.clientname.insight.omniture.comルのURL全体を次のように変更できま http://reports.clientname.insight.omniture.com/Portalす。 この変更を email.asa 行った後、ファイルを設定します。