Show Menu
トピック×

レポートサーバーのステータスの表示

Data Workbenchの「詳細なステータス」インターフェイスは、Data WorkbenchサーバーのクライアントであるData Workbenchサーバーおよびレポートサーバーのコンピューターに関するエラーやその他の問題のトラブルシューティングに役立ちます。
インターフェイスにレポートのステータスを表示す Master Server Detailed Status るには、Data Workbenchサーバーのファイル内のベクトルにレポートステータスサーバー Servers を追加する必要があ Communications.cfg ります。 次の手順では、レポートステータスサーバーをファイルに追加する方法を説明 Communications.cfg します。
For more information about Detailed Status interfaces, see the Administrative Interfaces chapter of the Data Workbench User Guide .
をReport Status Server
  1. Data Workbenchサーバー(InsightServer64.exe)をインストールしたディレクトリ内のComponentsフォルダーに移動します。
    例:C:\Adobe\Server\Components
  2. メモ帳 Communications.cfg などのテキストエディターで開きます。
  3. ベクトルを探 Servers し、次のファイルフラグメントで強調表示されているように、レポートステータスサーバーをこのベクトルに追加します。
     . . .
    Servers = vector: 17 items
        0 = FileServer: 
          Local Path = string: Audit\\
          URI = string: /Audit
        1 = FileServer: 
          Local Path = string: Bin\\
          URI = string: /Bin
        2 = FileServer: 
          Local Path = string: Components\\
          URI = string: /Components
      . . .
        16 = ReportStatusServer: 
          URI = string: /ReportStatus.vsp
    
    
  4. 前の手順のファイルフラグメ Servers ントでハイライト表示されているように、ベクトルの項目数を更新(つまり、項目の値を1ずつ増分)します。
  5. ファイルを保存します。