Show Menu
トピック×

Target Data Workbenchサーバーの変更

Sensorが通信するData Workbenchサーバー(ターゲットサーバー)を変更するには、Sensorがインストールされている各Webサーバーのtxlogd.confファイルを編集する必要があります。
ターゲットに変更するにはdata workbench server
  1. 元のターゲットサーバーと新しいターゲットサーバーの両方を停止します。
  2. 元のターゲット・サーバ .vsl ーから新しいターゲット・サーバーに最新のファイルをコピーします。 後で新しいターゲットサーバーを再起動すると、新しいファイルを作成する代わりに、新しいデ Sensor ータがすべて現在の既存のフ .vsl ァイルに追加され .vsl ます。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 元のターゲットサーバー上で、インストールディレク \Logs トリ内のフォルダーを data workbench server 参照します。
    2. フォルダー内の最新のフ .vsl ァイルをコピーします。
    3. 新しいターゲットサーバーで、インストールデ \Logs ィレクトリ内のフ data workbench server ォルダーを参照し、このフ .vsl ォルダーにファイルを貼り付けます。
  3. がインストールされているWebサーバーの1 Sensor つで、ファイルを開いて編集し txlogd.conf ます。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. インストールディレ Sensor クトリを参照し、テキストエ txlogd.conf ディターでファイルを開きます。
    2. ServerAddressパラメーターを探し、新しいターゲットサーバーのアドレスを反映するように変更します。
    3. ファイルを保存して閉じます。
  4. インストールされている残りのWebサーバーすべてで、手順2 ~ 3を Sensor 繰り返します。
  5. 元のターゲットサーバー(まだ使用する場合)と新しいターゲットサーバーを再起動します。
  6. 指定した新しいターゲットサーバーへのデータの送信が開始されます。