Show Menu
トピック×

イベントデータ領域の監視

イベントデータ領域の監視と、Sensorデータのログディレクトリの変更に関する情報です。
推奨頻度: 5 ~ 10分ごと
Insight Server は、設定に応じて、1日 Sensor に1つのログファイルをデータ処理ユニットまたはファイルサーバーユニットに保存します。 ログファイルのサイズとログファイルに必要なデータ保存領域の量は、ログに記録されるWebサイトの数やWebサーバーが1秒間に受け取る要求の数など、多くの変数によって異なります。
通常の(またはクラ Insight Server スター Insight Server )のインストールでは、複数のテラバイトのデータを格納できます。導入でアドビが推奨するハードウェアがマシンに使用されてい Insight Server ると仮定します。
通常、すべてのログデータはコンピューター上に残 Insight Server ります。 マシン上で使用可能なデータ記憶領域を増やす必要が生じた場合は、最新日のログファイル以外のすべてのログファイルを別のマシンまたはデータ記憶媒体(zipドライブ、テープなど)に移動できます。 データの移動を停止する必要はなく、連続デ Insight Serverータに接続され、連続データを使用して作業する場合 Insights に使用できる機能に Insight Server は影響を与えません。 分析データセットを処理または再処理しない場合、以前のすべてのデータへのアクセス権を保持し、で引き続き新しいデータを使用できま Insightす。 分析データセットを処理または再処理する場合、処理が完了するまでデータにアクセスできません。
デフォルトでは、によって生成され、に送信さ Sensor れるイベントデ Insight Server ータは、インストールディレクトリ内 Logs のフォルダに Insight Server 格納されます。 Communications設定ファイルは、読み Communications.cfg取り元のイベントデータログファイルの場所を指定しま Insight Serverす。
データのログディレクトリを変更するSensorには
  1. の「/」 Insightタブで、サ Admin ムネールを Dataset and Profile クリックして、サーバ Servers Manager ーマネージャーワークスペースを開きます。
  2. 設定するのアイコンを右ク Insight Server リックし、をクリックします Server Files
  3. In the Server Files Manager, click Components to view its contents. Communications.cfg ファイルは、このディレクトリ内に格納されています。
  4. Right-click the check mark in the server name column for Communications.cfg and click Make Local . A check mark appears in the Temp column for Communications.cfg.
  5. Right-click the newly created check mark in the Temp column and click Open > in Insight .
  6. In the Communications.cfg window, click component to view its contents.
  7. In the Communications.cfg window, click Servers to view its contents. 次のような複数の種類のサーバが表示されます。ファイルサーバー、ログサーバー、Initサーバー、ステータスサーバー、送信サーバー、複製サーバー。
  8. LoggingServer(処理対象のログファ Sensor イルを書き込む場所)を探し、その Insight Server番号をクリックしてメニューを表示します。
    The default log directory is the Logs folder within the Insight Server installation directory.
  9. Log Directory パラメーターを編集して、ログファイルの適切な場所を反映します。
    LoggingServer のパラメーター以外は編集しないでください。
    サーバーノードの下に複数のFileServerが表示される場合があるので、変更するログのローカルパスを持つサーバーを見つけるには、その多くのFileServerの内容を(リスト内の数字をクリックして Servers )表示する必要があります。
  10. ローカルパスを編集して、ファイルの目的の場所を反映し .vsl ます。
    FileServerのその他のパラメーターは変更しないでください。
    ログファイルの場所は変更されましたが、 Communications.cfg /Logs/をFileServerのURIとして指定することで、これらのファイルをのLogsディレ Server Files Manager クトリにマッピングできます。
  11. 次の手順を実行して、変更をサーバーに保存します。
    1. ウィンドウ上部 (modified) のを右クリックし、をクリックしま Save ​す。
    2. で、列 Server Files Manager内のファイルのチェックマークを右クリックし Temp て、/ Save to < server name >を選択します