Show Menu
トピック×

管理アラートの設定

管理アラートは、通常の操作中にInsightサーバーでエラーが検出された場合、指定した電子メールアドレスに電子メール通知を送信します。
推奨頻度: 実稼働前
管理アラートを使用するには、転送中のSMTPサ Insight Server ーバーにアクセスして、アラートを電子メールで送信する必要があります。
電子メール通知の受信者は、システム管理の主要担当者と主な関係者である必要があります。
管理アラートファイルは、 Administrative Alerts.cfgの管理アラートの設定に使用されま Insight Serverす。
クラスターを実行している場合は、クラスター内のマスターに対してアラートを作成または変 Insight Server 更する必要があります。
管理アラートを作成または変更するには
  1. の「/」 Insightタブで、サ Admin ムネールを Dataset and Profile クリックして、サーバ Servers Manager ーマネージャーワークスペースを開きます。
  2. 設定するのアイコンを右ク Insight Server リックし、をクリックします Server Files
  3. In the Server Files Manager, click Components to view its contents. Administrative Alerts.cfg ファイルは、このディレクトリ内に格納されています。
  4. の*server name *列のチェックマークを右クリックし、をクリ Administrative Alerts.cfg ックしま Make Local ​す。 A check mark appears in the Temp column for Administrative Alerts.cfg.
  5. Right-click the newly created check mark in the Temp column and click Open > in Insight .
  6. In the Administrative Alerts.cfg window, click component to view its contents.
  7. 必要に応じてパラメータを入力します。 このファイルで使用できるパラメータの一覧については、「管理アラートの設定」 を参照してくださ い。
  8. 次の手順を実行して、変更をサーバーに保存します。
    1. ウィンドウ上部 (modified) のを右クリックし、をクリックしま Save ​す。
    2. で、列 Server Files Manager内のファイルのチェックマークを右クリックし Temp て、/ Save to < server name >を選択します
  9. (オプション)クラスター内で作業していて、同じ管理警告を各データ処理ユニットに適用する場合は、更新したファイルをコピーして、マスターインストールディレクトリ内のフォルダーに貼り付 Administrative Alerts.cfg ける必要が Insight Server あります。