Show Menu
トピック×

Insightサーバーのディレクトリ構造

Insightサーバーと共にインストールされ、登録後に存在し、初めて実行されるファイルのリストです。

インストールパッケージに含まれているファイル

インストールパッケージには、次のディレクトリ Insight Server が含まれます。
ディレクトリ 説明 ディレクトリの内容
アクセス制御 アクセスグル ープのリストを指定するInsightサーバー設定ファイル。
住所 Insightサーバーとの通信に使用するアド レスです
監査 Insightサーバーへのすべての接続試行に関する詳細を含む毎日のアクセス ログで す。
bin Insight Server実行可能プ ログラムファイル。
Certificates SSLデジタル証明書。
コンポーネント Insight Serverコンポーネ ント設定ファイル。
サーバーを処理するコンポーネント Insight Serverクラス ター内のInsight Serverを処理するためのInsight Serverコンポ ーネント 設定ファ イル。
イベント エラーメッセージを含む、詳細なイベントステータスメッセージを含む日別イベントログ。 Insight Serverでキャプチャおよびログに記録さ れるイベ ントは、Windowsイベントビューアにも表示されます。
ログ
Sensorによって生成さ れた ログファイル。
"Logs"はデフォルトのログディレクトリですが、代替ディレクトリがcommunications.cfgファイルで指定されてい る可能性があ ります。
参照 ロボットや検索エンジンのリストなどの参照ファイル。 Insightサーバーは、す べての参照ファイルをメモリに読み込む必要があります。 コンポーネント構成ファイルで参照されるすべての参照ファイルの合計サイズとオーバーヘッド( FlatFileLookupファイルの場合は1行あたり12バイト )は、他のすべてのソフトウェアアプリケーションの読み込み後に使用可能な物理メモリまたは仮想メモリを超えてはなりません。
プロファイル
各プロファイルに関連するファイル(設定、ワークスペースおよびビジュアライゼーションファイル)。 プロファイルは、データセットのデータによって入力されます。 データセットにはイベントデータ(「ログデータ」)が含まれます。このようなデータは、インストール済みのセンサーによ って取り込ま れ、ウェブビーコンやページタグによって送信されたり、データウェアハウスからの入力によって取り込まれたりします。 特定のプ ロファイルにアクセスできるInsightユーザーは、そのプロファイルの処理済みデータのセットと、そのプロファイル内で定義されたワークスペースおよびビジュアライゼーションを使用できます。
ワークスペースは、システム管理または分析のための作業領域です。 Workspaceには、システムのパフォーマンスに関する異なる詳細を示す複数のインターフェイスを含めることができます。
ソフトウェア Insightソフトウ ェアの更新。 レポートソフトウェアの更新もここに保存されます。

Directories and Files Created after Startup

次に示すディレクトリは、が初めて登録 Insight Server され、実行された後に作成されます。
ディレクトリ 説明
都道府県 Insightサーバーによって生成される 情報の処 理。
Temp
再処理および操作中に Insightサーバーが使用 する一時ファイルの場所。 通常、物理ドライブごとに1つのフ ァイル(デ フォルトではtemp.db)が存在します。
Insightサーバーは、こ のディレクトリに書き込むように設定する必要があります。
トレース Insightサーバーに関するログおよびイベ ントデー タ。 トラブルシューティングに役立ちます。
Users サーバー上のプ ロフ ァイルにアクセスできる名前付き(Insight)ユーザー。 権限を持つ各ユーザーのディレクトリは、ユーザーが Insightを介してInsightサーバーに最初にアクセスしたときに、Users\ディレクトリ内に作成 されま す。 各名前付きユーザーのディレクトリには、その Insightサーバー上でユーザーがアクセスしたすべてのプロファイルに対応するディレクトリと、そ のローカルアドレスファイルが含まれます。