Show Menu
トピック×

処理インサイトサーバーのインストールと設定

処理するInsightサーバーは、Componentsディレクトリの内容を除いて、マスターInsightサーバーと同じです。
処理のComponentsディレクトリには、処理用 Insight Server に特別に設定されたファイルの特殊なセットが含まれていま Insight Serversす。 これらのファイルは、マスター上のComponents for Processing Serversディレクトリから取得されま Insight Serverす。
処理をインストールする場 Insight Server合は、次の手順を実行してComponentsディレクトリを設定します。
  1. 処理の元のComponentsディレクトリを削除しま Insight Serverす。
  2. 「Components for Processing Servers」ディレクトリの名前を「Components」に変更します。
  3. Componentsディレクトリ Synchronize.cfg 内のを変更して、マスターを指すようにしま Insight Serverす。
処理をインストールして設定するにはInsight Server
  1. 『Insightサーバープ Insight Server ログラムファイルのインスト ール』の説明に従って、プログラムファイルをインストールしま す。 マスターで使用されたディレクトリ構造を必ず複製してくださ Insight Serverい。 例えば、がマスタ Insight Server ー上にインスト C:\Adobe\Server ールされてい Insight Serverる場合は、処理上にもインスト C:\Adobe\Server ールする必要が Insight Servers あります。
  2. この特定の処理用にアドビが発行したデジタル証明書をインストールしま Insight Serverす。 手順につい ては、デジタル証明書のダウンロードとインストール (英語のみ)を参照してください。
  3. Windowsエクスプローラーを使用して、処理で次の操作を行いま Insight Serverす。
    1. Delete the Components folder.
    2. フォルダーの名前を「 Components for Processing Servers Components」に変更します。
  4. メモ帳などのテキストエディターを使用して、処理のComponents Synchronize.cfg ディレクトリにあるファイルを開きま Insight Serverす。
  5. 次のファイルフラグメントに示すように、マ Insight Server スター(プライマリ)のIPアドレスをこのファイルの2行目に追加します。 このファイル内の他の項目は編集しないでください。
    component = SynchronizeComponent:
      Cluster Primary Server Address = string: PrimaryIPAddress
      Directories = vector: 7 items
        0 = SynchronizeDir:
          Local Path = string: Profiles\\
          Remote URI = string: /Profiles/
        1 = SynchronizeDir:
          Local Path = string: Lookups\\
          Remote URI = string: /Lookups/
        . . .
    
    
  6. ファイルを保存します。
  7. 「Windowsサービスと Insight Server してのInsight Server の登録」の説明に従って、を起動します
    これで、クラスターのインストールが完了し Insight Server ました。 次に、次の節の説明に従って、クラスター上で実行するデータセットプロファイルを設定します。