Show Menu
トピック×

Insight ServerをWindowsサービスとして登録する

Insight Serverを起動し、Microsoft Windowsサービスとして同時に登録する手順です。
Insight Server を初めて起動すると、デジタル証明書を登録するために、Adobe License Server に自動的に接続されます。登録プロセスを正常に完了するには、次の手順を実行する際に、コンピューターがインターネットに接続されている必要があります。
WindowsサービスをInsight Server開始して登録するには
  1. コマンドプロンプトを開き、をインストールしたフォルダー内のbinサブディレクトリに移動しま Insight Serverす。
    例:C:\Adobe\Server\bin
  2. コマンドプロンプトで、次のコマンドを実行して、Microsoft Windows Insight Server でサービスとして実行するように起動し、同時に登録します。
    <filepath>
    InsightServer64.exe /regserver 
    </filepath>
    
    
  3. が正しく実行され Insight Server ていることを確認するには、/// Start をク Control Panel リック Administrative Tools しま Services ​す。 このコマンドの順序は、使用しているWindowsのバージョンによって異なります。
    1. サービスリストで、のエントリを見つけ、そのエ Adobe Insight Server ントリのステータスが「開始」で、スタートアップの種類が「自動」であることを確認します。
    2. #コントロールパネルを閉じます。
  4. 起動時にエラー Insight Server が発生したかどうかを確認するには、///をク Start リッ Control Panel クし Administrative Tools ます Event Viewer 。 このコマンドの順序は、使用しているWindowsのバージョンによって異なります。
    1. ウィンドウの左側のペイン Event Viewer で、ログを選択し Application ます。
    2. 右側のウィンドウで、列に「Adobe」が含まれているイベントを探し Source ます。
    3. 「アドビ」からエラーが見つかった場合は、エラーをダブルクリックしてウィンドウを表示し Event Properties ます。 このウィンドウには、エラーに関する詳細情報が表示されます。
  5. ログの確認が完了したら、イ Applications ベントビューアを閉じます。
のインストールが完了しまし Insight Serverた。 Insight Server は、連続的に実行するように設計されています。 コンピューターを再起動すると、が自動的に再 Insight Server 起動します。 手動で起動および停止する必要があ Insight Server る場合は、Windowsの #コントロールパネルを使用して実行できます。 次の節で説明するように、サービスを定期的に自動的に再起動するよ Insight Server うにオプションで設定できます。

自動的に再起動するサービスの設定

Insight Server は、中断なしで実行を続けるように設計されています。 通常、停止または開始されるのは、ソフトウェアのアップグレードや証明書の変更など、まれなタスクを実行する場合、または特定のシステムエラーが発生した場合に限られます。 通常のシステム操作中に、サービスを停止または再 Insight Server 開する必要はありません。ただし、定期的に(毎日、毎週、または毎月)サービスを再起動して、例えばイベントメッセージを消去するように設定できます。
サービスが自動的に再起Insight Server動されるように設定するには
  1. インストールしたデ Components ィレクトリ内のフォルダに移動しま Insight Serverす。
    例:C:\Adobe\Server\Components
  2. メモ帳などのテキストエディターを使用して、という名前の新しいファイルを作成しま ScheduledRestart.cfgす。
  3. ファイルに次のテキストを入力 ScheduledRestart.cfg します。
    component = ScheduledRestart:  
      Start Time = string: Month DD, YYYY HH:MM:SS TZone 
      Restart Every = string: frequency
    
    
    この値の場合…
    Month DD , YYYY HH :MM :SS TZone
    Insightサーバーを初 めて 再起動する時間です。
    例:August 13, 2013 22:30:00 EST
    注意: タイムゾーンを指定する必要があります。 タイムゾーンを指定しない場合、デフォルトではシステム時間が設定されません。 If you wish to implement Daylight Saving Time or a similar clock-shifting policy, you must save the .dst file containing the appropriate rules in the Base\Dataset\Timezone directory on the Insight Server machine. サポートされるタイムゾーンの省略形の一覧と、夏時間の導入に関する情報については、タイムゾーンコードを参 照してくださ い。
    frequency
    次のいずれかの値です。
    • か月
    • 週間
    • day
    「開始時間」で指定した初期時間 後にInsightサ ーバーを再起動する頻度を指定します。
    例えば、 Insightサーバーを週に1 回再起動する場合、この値を「week」に設定します。
  4. Save the ScheduledRestart.cfg file.
    ファイルが、イ ScheduledRestart.cfg ンストール先のディレ Components クトリ内のフォルダにあることを確認しま Insight Serverす。