Show Menu
トピック×

文字列の暗号化

クライアントとサーバー間の通信において、パスワードやその他の文字列を暗号化します。
Data Workbench のクライアント(ワークステーション)とサーバー間の通信においては、Value パラメーター(パスワードなど)を EncryptedString タイプで保存することができます。This hides the parameter and saves the string to the Windows Credential Store on the server with the corresponding key returned. この機能は、主としてエクスポート内に資格情報を格納するとき使用しますが、任意のパラメーターの暗号化に使用することもできます。
  • A new folder was added at Server* EncryptStrings *.
    これは、文字列を暗号化するための設定ファイルを指定する場所です。
  • A new configuration file was added at Server\Component* EncryptedStrings.cfg *.
    component = EncryptionComponent:
      Path = Path: EncryptStrings\\*.cfg
    
    
    This file polls the Server *EncryptStrings* folder for encryption configuration files.
文字列を暗号化するには
  1. 暗号化する文字列のために、次のフィールドを含んだ EncryptedStrings.cfg 設定ファイルを作成します。
    Names = vector: 1 items
     0 = NameEncryptValuePair:
      EncryptValue = EncryptedString: // left empty as input then output will be filled by server
      Name = string: // Name for identifier 
      Value = string: // Value to be encrypted
    
    
    • Value - このフィールドに、暗号化が必要とされる平文の文字列を格納します。
      これはサーバー側での暗号化専用です。 Value 設定値の暗号化はサーバーコンピューター上でのみ実行されます。
    • Name - このフィールドに、暗号化された文字列を識別するための値を格納します。
    • EncryptValue - 入力の設定ファイルでは、このフィールドの値を空のままにしておきます。暗号化済みの値がこのフィールドに返されます。
    複数のフィールドを暗号化するには、フィールドごとに別々の NameEncryptValuePair 値を追加します。
    すべての空の値フィールドが削除されます。
  2. Save the EncryptedStrings.cfg file to the Server* EncryptStrings * folder.
出力ファイル
入力ファイルと同じ名前に拡張子を付加した、< filename >. encrypted という名前の出力ファイルが生成されます。例えば、入力ファイルの名前が sample.cfg であれば、出力ファイルの名前は sample.cfg.encrypted になります。