Show Menu
トピック×

ネットワークの場所

概念的には、アドレスファイルは、ネットワーク接続されたマシン上のETC\HOSTSファイルと同じ目的を果たします。
ただし、名前の単一のコレクションを記述するHOSTSファイルとは異なり、アドレスファイルにはネットワークロケーションと呼ばれる複数の名前のコレクションが含まれます。
ネットワークの場所は、アドレス定義の名前付きのコレクションです。 コレクション内の各アドレス定義は、共通名とIPアドレスを関連付けます。
アドレスファイルでは、NetworkLocationと呼ばれる構造体でネットワークの場所が定義されます。 次の例のNetworkLocationは、「MyCorporate Intranet」という名前のネットワークの場所を定義します。共通名をIPアドレス「10.2.1.70」 VS01.myCompany.com にマップするアドレス定義が含まれます。
0 = NetworkLocation: 
  Addresses = vector: 1 items
    0 = AddressDefinition: 
      Address = string: 10.2.1.70
      Name = string: VS01.myCompany.com
  Name = string: MyCorporateIntranet
  Parent = string: 

上の例で示したように、NetworkLocation構造は3つの主要なパラメーターで構成されます。
パラメーター 説明
住所 0個以上のAddressDefinitionsを定義します。 各AddressDefinionは、共通名をIPアドレスに関連付けます。
名前 NetworkLocationに名前を割り当てます。 NetworkLocationに割り当てる名前は、アドレスファイル内で一意である必要があります。
このNetworkLocationに含まれるメンバの別のNetworkLocationの名前を指定します。 このパラメーターは、あるNetworkLocationを別のNetworkLocationに拡張することを有効にします。
Parentパラメーターを「DNS」に設定して、NetworkLocationをクライアントの通常のDNSシステムに拡張できます。
例:親=文字列:DNS
DNSが親の場合、クライアントはNetworkLocationを通じて名前を解決できない場合、クライアントコンピューターのDNSシステムを使用して共通名の解決を試みます。