Show Menu
TOPICS×

サマリ画面

Adobe Experience Cloud Debugger 2.0 は現在ベータ版です。ドキュメントと機能は変更される場合があります。
Adobe Experience Platform Debugger を実行するには、ブラウザーバーのアイコンをクリックし、ブラウザーで確認するページを開きます。
Adobe Experience Platform Debugger サマリ画面が表示されます。
この画面には、各 Adobe Experience Cloud ソリューションに関する情報が表示されます。表示される情報はソリューションによって異なりますが、通常、ソリューションライブラリおよびバージョン(例:「AppMeasurement v2.9」)およびアカウント識別子(Analytics レポートスイート ID、Target クライアントコード、Audience Manager パートナー ID など)の情報が含まれます。

Debugger に表示される情報

Debugger には、各ソリューションについて以下の情報が表示されます。
Adobe Analytics
レポートスイート
レポートスイート は、選択した Web サイト、Web サイト群または Web ページのサブセットに関する完全な独立レポートを定義します。
バージョン
ページ用に定義された AppMeasurement バージョン。
訪問者のバージョン
訪問者 ID ライブラリ.のバージョン。
ページ名
サイトのわかりやすい名前を含む Analytics に送信された pageName 変数。
モジュール
Adobe Analytics によって読み込まれたモジュール。
Audience Manager
パートナー
DIL インスタンスの パートナー名
バージョン
DIL インスタンスの バージョン番号
UUID
DIL インスタンスに関連付けられた 一意のユーザー ID
Adobe Launch
名前
Adobe Launch プロパティ の名前。
バージョン
Turbine のバージョン
ビルド日
Launch ライブラリ のビルド日。
環境
Launch ライブラリによって使用される 環境
拡張機能
ページで使用される拡張機能。
Adobe Web SDK
ライブラリバージョン
AEB Web SDK ライブラリのバージョン 番号。
名前空間
拡張機能で識別される名前。
プロパティ ID
拡張機能で指定された Launch プロパティの名前。
エッジドメイン
ドメインは、Adobe Experience Platform 拡張機能がデータの送受信をおこなうドメインです。
IMS 組織 ID
拡張機能で指定された、アドビで送信するデータの送信先となる組織。
ログ有効
このプロパティのログが有効かどうかを指定します。
Adobe Experience Cloud ID サービス
ID da organização da Experience Cloud
バージョン
訪問者 ID ライブラリのバージョン。
Adobe Target
クライアントコード
バージョン
現在の at.js または mbox.js バージョン。
グローバルリクエスト名
Target 実装の各 Web ページの最上部でおこなわれる単一のサーバー呼び出しを参照する global mbox
ページ読み込みイベント
ページの読み込み時に実行される イベント のタイプ。
リクエスト名
ページ上の 場所 の周囲にある mbox の名前。コードまたはタグマネージャーで Debugging イベントリスナーを実装し、Target UI で必要な レスポンストークン をオンにする場合にのみ、認証なしで使用できます。
アクティビティ名
Target キャンペーンまたはアクティビティ の名前。コードまたはタグマネージャーで Debugging イベントリスナーを実装し、Target UI で必要な レスポンストークン をオンにする場合にのみ、認証なしで使用できます。
アクティビティ ID
Target アクティビティの ID。コードまたはタグマネージャーで Debugging イベントリスナーを実装し、Target UI で必要な レスポンストークン をオンにする場合にのみ、認証なしで使用できます。
エクスペリエンス名
Target エクスペリエンス の名前。コードまたはタグマネージャーで Debugging イベントリスナーを実装し、Target UI で必要な レスポンストークン をオンにする場合にのみ、認証なしで使用できます。
エクスペリエンス ID
Target エクスペリエンスの ID。コードまたはタグマネージャーで Debugging イベントリスナーを実装し、Target UI で必要な レスポンストークン をオンにする場合にのみ、認証なしで使用できます。
オファー名前
Target オファー の名前。コードまたはタグマネージャーで Debugging イベントリスナーを実装し、Target UI で必要な レスポンストークン をオンにする場合にのみ、認証なしで使用できます。
オファー ID
Target オファーの ID。コードまたはタグマネージャーで Debugging イベントリスナーを実装し、Target UI で必要な レスポンストークン をオンにする場合にのみ、認証なしで使用できます。