Show Menu
トピック×

ツール

ツール画面では、インストールしたソリューション用の様々なツールを有効または無効にできます。例えば、Target のコンソールデバッグステートメントをオンにしたり、DTM ステージング用ライブラリを使用したりできます。これらのツールは、Target および DTM がページにインストールされている場合にのみ使用できます。
任意のページで Launch または DTM を動的に挿入して、Launch または DTM がインストールされていないページをテストできます。 Embed Code アイコンをクリックして、 埋め込みコード を入力し、 Save をクリックします。

DTM 情報

ツール 説明
DTM コンソールログ
このツールは、DTM 特有のデバッグステートメントをブラウザーコンソールに表示します。
ステージング用ライブラリを使用
このツールは、DTM デバッグ情報にステージング用ライブラリを使用します。
DTM を無効にする
このツールは、DTM 情報がチェックされるのをブロックします。
DTM を動的に挿入
このツールは、ページに DTM コードを挿入します。埋め込みコードエディターを使用して、挿入されたコードを編集します。

Target 情報

ツール 説明
Target コンソール ログ
このツールは、 mboxDebug=true と呼ばれる cookie をブラウザーに追加することで、すべて AT: プレフィックスで始まる、Target 特有のデバッグステートメントをブラウザーコンソールに表示します。この時点では、コンソールステートメントは Debugger ログ画面内に表示されませんが、ブラウザーのネイティブデバッグコンソール.に表示されます。
このツールには、at.js 0.9.6 以降が必要です。古いバージョンの at.js を使用している場合、コンソールログをオンにするための ?mboxDebug=true クエリ文字列パラメーターを URL に追加できます。mbox.js を使用している場合、 ?_AT_Debug=console パラメーターを追加して、Visual Experience Composer アクティビティに制限されるコンソールログをオンにできます。
Mbox Traces を有効にする
このツールは、詳細情報を Target 応答に追加します。Debugger の Target/Mbox Trace 画面に表示できます。
このツールを有効にするには、いずれかの Chrome タブでExperience Cloud にログインする必要があります。
Target を無効にする
このツールは、 mboxDisable=true と呼ばれる cookie をブラウザーに追加することで、すべての Target リクエストを無効にします。
このツールには、at.js 0.9.6 以降が必要です。古いバージョンを使用している場合、mbox を無効にするための ?mboxDisable=true クエリ文字列パラメーターを URL に追加できます。
mbox ハイライト
このツールは、従来のラップスタイルの mbox の周囲に赤いボックスを描画します。
以下のビデオでは、Debugger 拡張機能と Adobe Target の使用方法を説明します。