Show Menu
トピック×

概要

Adobe Experience Cloud Device Co-opは、プライバシーと透明性を最大限に高めつつ、参加者が協力してデジタルタッチポイント全体の消費者をより良く識別できるようにするプログラムです。 Experience Cloud Device Co-op のメンバー企業は、クロスデバイスに消費者を認識できるので、デバイスおよびアプリをまたいで、高度にパーソナライズされたエクスペリエンスを大規模に実現できます。Device Co-op は、Adobe Experience Cloud のコアサービスです。Analytics、Audience Manager、Media Manager または Target を使用するアドビのお客様にご利用いただけます。

メリット

Device Co-op に参加する企業は、複数のデバイスを使用する消費者に対して、一貫した、質の高いコンテンツエクスペリエンスを提供できます。これは、未知の消費者によって使用されたデバイスをリンクし、デバイスのグループを形成することで、実現されます。このテクノロジーにより、マーケティング担当者は、デバイスをまたいだ消費者行動を把握し、対処することができます。その結果、より正確な Web サイトエンゲージメント指標を使用し、適切にパーソナライズされたコンテンツを提供し、検索連動型、ディスプレイ、ソーシャルなどのチャネルで高度にターゲティングされた広告エクスペリエンスを実現することができます。Participation in Adobe Experience Cloud Device Co-op helps our members improve:
  • 顧客理解: ​従来のレポートは、特定のデバイスに関するインサイトを明らかにすることができます。しかし、買い物をするのはデバイスやチャネルではなく、人です。Device Co-op の優れたレポートを活用すれば、アナリストやマーケティング担当者は、消費者に焦点を当てた分析をおこない、マーケティング戦略を立てることができます。
  • コンテンツのパーソナライゼーション: ​ブランドの Web サイトやアプリにログインしない消費者には、通常、そのときに使用しているデバイスにリンクしたエクスペリエンスが提供されます。しかし Device Co-op を活用すれば、単に使用しているデバイスだけでなく、人物に関してブランドが持つ情報に基づいて、一貫した、価値のあるエクスペリエンスを提供できます。
  • 広告費用の効率: Device Co-op は、デバイスではなく、人に焦点を当てたディスプレイ広告によってマーケティング予算を節約するのを支援します。通常、頻度の上限は単一のデバイスに適用されるので、消費者あたり 5 つまでという広告の制限も、実際にはデバイスあたり 5 つとして実施されることになります。Device Co-op を使用すると、デバイスではなく、人をターゲットにすることで、マーケティング担当者は、ROI を向上できます。
  • デバイス間での再ターゲット: 日々使用するモバイル、タブレット、ブラウザー、その他のデバイスでロック解除された再ターゲット化機能を利用して、顧客に連絡できます。 広告は、興味の範疇にあれば、効率性が劇的に向上します。クロスデバイスの再ターゲット化により、ブランドでまさにそれを実現できます。

Device Co-op におけるアドビの役割

Device Co-op, Adobe:
  • **データ管理者:**Device Co-opメンバーは、データを直接共有しません。 Instead, Adobe, acts as a broker to make device link data available to the co-op through the Device Graph. Device Co-op メンバーは、有効な Experience Cloud ソリューションの機能を使用して、このデータを使用できるようになります。
  • データの公平性を推進する: ​公平なデータ共有は、Device Co-op の重要な概念です。すべての Device Co-op メンバーは、貢献に応じた価値を得ます。If you've never interacted with an anonymous person through a site visit or ad impression, you won't get any information about their devices in the Device Graph. Device Co-op は、不明なデバイスを使用する常連消費者をブランドが認識するのを支援します。
  • プライバシー標準のサポート: デ Device Graph ータには、個人識別情報(PII)は含まれません。 Excluding PII from the Device Graph helps Adobe uphold privacy standards and maintain the trust of co-op members and consumers alike.

動作の仕組み

Co-op メンバーは、消費者の ID を完全に隠した、暗号的にハッシュ化されたログイン ID と HTTP ヘッダーデータへのアクセスをアドビに提供します。アドビは、このデータを処理して、匿名の人物または家族によって使用されるデバイスのグループ(「デバイスクラスター」)を作成します。次に、これらのデバイスグループをアドビのデジタルマーケティングソリューションで提供し、Co-op メンバーが直接個人に対してクロスデバイスに測定、セグメント化、ターゲット化および宣伝を実施できるようにします。Device Co-op ​は、名前、電子メールアドレス、電話番号、サイト訪問データなどの個人データをメンバー間で共有しないので、これらすべては、ユーザーの ID を開示することなく実現されます。 ​そのメンバーの中に
これらのルールは、通常、クロスデバイステクノロジーに関連付けられる重要なプライバシーの問題に対処するのに役立ちます。実際、Device Co-op を使用すると、消費者は、業界標準を超えるプライバシー制御が得られます。Device Co-op は、参加ブランドおよび現在使用しているデバイスに関連付けられたすべてのデバイスに関するインサイトを消費者に提供することで、前例のない透明性を提供します。See The Device Graph: Internal Processes and Output section for more information.

はじめに

メンバーシップの要件を確認し ます 。参加したい場合や、詳細についてご確認くださ Device Co-opい。 Also, see Working with Device Co-op Data in Other Experience Cloud Solutions for a summary of how other Adobe products used this data.