Show Menu
トピック×

Dynamic Tag Management の実装

Adobe Target の実装時に Dynamic Tag Management 埋め込みコードを適切に管理するのに役立つ情報です。
DTM ヘッダー埋め込みコードの前にリッチデータオブジェクトを配置または移動して、Target 実装で最も効果的に活用できるようにします。残りのページが読み込まるにつれ、データレイヤーは拡大し続けますが、ヘッダー埋め込みコードの後に読み込まれたすべての要素は、グローバル mbox やページの上部でおこなわれた他の Target リクエストでは使用できません。これにより、ターゲット設定とセグメント化の機能が制限されます。
また、jQuery などの JavaScript ライブラリを使用する場合は、DTM ヘッダー埋め込みコードの上にライブラリを配置して、dynamic tag management および Target 内でそれらを活用できます。
次の図に、データオブジェクトと JavaScript ライブラリが適切に設定された埋め込みコードのサンプルを示します。