Show Menu
トピック×

Chrome warning on 2G networks

訪問者が Chrome を使用して 2G ネットワーク経由でアクセスすると、document.write 呼び出しがブロックされることがあります。
When using the most recent Chrome update for sites with DTM deployed, a warning might appear in the JavaScript console, which says that Chrome might block document.write calls in the browser if the device has poor network connectivity. この警告は、現在 2G ネットワーク利用者を想定したものであることが明示されています。詳しくは、Google Developers Web サイトの「 Intervening against document.write() 」を参照してください。
2G ネットワークが利用されることは少ないので、Google が 2G に適用するこの制限によってエンタープライズユーザーが受ける影響は、今のところ最小限に留まると考えられます。今後 Google がインターネットコミュニティの標準に反する方策を推進し続ける可能性を見越し、アドビは、発生し得る問題を防ぐための事前対応策に取り組んでいます。
DTM は、この分野で最高の能力と柔軟性を持つ機能を実現およびサポートするという目標を一貫して追求してきました。この目標には、同期、非同期の両テクノロジーを活用できる機能を提供することも含まれています。
Chrome と 2G ネットワークを利用するユーザーに問題が発生すると考えられるお客様は、非同期的な利用形態をより重視した DTM デプロイメントを採用することで、非同期処理に特化した適応力の高い DTM 機能セットの利用を継続できます。
この警告が表示される場合、 document.write 呼び出しを使用しない非同期形態で DTM をデプロイする(警告が出ないようにする)には、以下の各節を参照してください。

Target

DTM を介して Target を使用するお客様は、Chrome と 2G 携帯電話ネットワークを利用する訪問者に問題が発生すると考えられる場合、以下の対応策を実行してください。
  1. DTM Target ツールで、Target コードを mbox.js から at.js にアップデートします。
    必ずカスタムコードエディターを使用してください。
    at.js を使用して Target を実装する方法について詳しくは、Target のヘルプで「 at.js 実装 」を参照してください。
  2. Uncheck the Load Adobe Target Library synchronously checkbox in the DTM Target tool.
  3. デプロイする前に十分なテストを実施します。
    Targetライブラリを非同期的に読み込むと、警告が表示されなくなりますが、デフォルトコンテンツの前にデフォルトコンテンツが読み込まれると、ページ上で「ちらつき」が発生する可能性があります。

Third-party tags

DTMのルールを介してサードパーティタグを導入し、Chromeを使用する2G携帯電話ネットワークの訪問者に問題がある場合は、以下の手順を実行してください。
  1. Review all 3rd-party scripts that are deployed via Sequential JavaScript or Sequential HTML for top of page or bottom of page positioning rules.
  2. In the code editor, change the Type to Non-Sequential JavaScript or Non-Sequential HTML .
    同期を必要とする機能は、動作しなくなります。
  3. エディターでコードを再確認し、 document.write を使用しないようにします。
    DTM を介してデプロイされるコードで document.write を使用している箇所は、すべて修正する必要があります。
  4. デプロイする前に十分なテストを実施します。